北欧住宅に住んでみたい!

念願のマイホームは、木のぬくもりのある家。
娘の成長と菜園、ロイヤルフォートスウェーデンでの生活記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1年点検

2007-04-25 15:16:11 | 
先日、今更ながら1年点検が行われた。
呆れてしまったのは、
「本日は2年点検に参りました。」の、ひとこと。
確かに5月で丸2年経過するのだが、
1年点検が遅れたのはこちらの問題ではない。
自分で気がついた点を指摘し、
妻になにか気になる点は?と、振ってみたところ、
「最近外の音が良く聞こえるようになった。」と。
言われてみれば、入居したての頃はお向いのお宅の
車の音も気にならないレベルだったが、
最近は良く聞こえる。
しかも、ディーゼル車からガソリン車へ買い換え、
車自体が静かになっているにもかかわらず、である。
厳密には測定して数値化することはできるが、
感覚的なものなのでなかなか理解が難しいところ。
音が漏れ聞こえてくるということは、
外気も出入り自由ってことでは?
コメント (11)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

暖房器具

2007-01-09 19:26:27 | 生活
昨年の暖房用は高気密住宅には禁断の
石油ファンヒーターとエアコンを使用していた。
朝7時の室温は15度程度、これを石油ファンヒーターを
1時間ほど使用して一気に22度程度まで上げます。
後は天気のよい日であれば15時ごろまで暖房なしで
何とか19度程度まで維持できる。
夕方にまた1時間ほど石油ファンヒーターを利用し、
後はエアコンを利用し20度以上を維持。
一昨年からオイルヒーターとパネルヒーターの購入を
検討していたのだが、実家(築30年の鉄筋)で
デロンギのオイルヒーターを購入し使用してみたところ
電気代がかかりすぎるとのことで、
使用を取りやめてしまった経験がある。
30年前の戸建と比較してもしょうがないのだが、
輻射熱で暖めるパネルヒータに引かれた。
候補は、楽天で人気のモデルと、エレクトロラックス、ewtの3社に絞ってみた。
他にも興味を引かれるメーカーがあったのだが、
良否の評価の分かれるパネルヒーターなので、
とりあえずewtのCLIMA1000TLSJを購入してみた。
デザインがよく、軽くて取っ手がついているので持ち運びも便利。

結果は、まだ1月の電気代が確定していないのでなんともいえないが、
暖かさについては十分満足である。
1階の13畳のDLと+畳のキッチン+リビング階段を20度で十分維持できる。
設定温度を上げることでもっと室温をあげることは可能です。
空気が汚れない、静か、幼児がいる方は安全などの点から、
高気密、高断熱の方にはパネルヒータは、十分選択肢にあげられます。

販売店が少ないので、amazonをはじめて利用したが、
年始なのに早く、安く購入できた。便利な時代になったものだ。
ewt Clima パネルヒーター CLIMA1000TLSJ

※高気密住宅での石油ファンヒーターのご利用は十分注意してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテナンス

2006-10-23 17:20:51 | 
昨日は玄関ドアと窓、テラスのメンテナンス(塗装)をおこなった。
特に、玄関ドアは入居後1年6ヶ月ノーメンテナンスだったので、
日焼けと雨の影響で相当ひどい状態になっていた。
雑巾がけ後、チークオイルをこぼしたときのために新聞を敷いて養生し、
いざ塗装を使用としたら結構埃っぽい。
チークオイルの缶には細かいサンドペーパーをかけてからとのコメントが・・・。
そんな用意はしていないので、ブラシがけをして代替作業とした(スタートからいい加減)。
テラスや窓に塗るキシラデよりもサラサラしているように感じる。
キシラデ同様にのばすとよくのびる。厚く塗ると塗装作業自体は楽なのだが、
チークオイルがあっという間に無くなりそうだったので真面目にのばしながら塗装した。
10分程度で考えていた塗装であるが、ドア1枚の塗装に1時間程度要した。
ここでで休憩を入れたかったのだが、同時進行でテラスの塗装を始めた妻が休憩の気配を見せないので、仕方なく窓の塗装に移る。
そこで、気になったのが妻のキシラデの補充ペースがやけに速い。
どうやら、のばさずに厚く塗っているようだ。
塗るスピードもキシラデの消費も速いはずである。簡単に指導をして窓の塗装に取り掛かる。
前回は、2階の陽の一番当たる南向きのテラスの窓とドアだったので、今回は1階の南に面した窓とドアをおこなう。
1階は基礎の分窓の位置が高い。まだ高い脚立を用意していないので60センチ程度の脚立+背伸びで対応。
反転させて家の中から塗る手も考えたが、子供が小さいので今回は外からにした。
最後の勝手口のドアに取り掛かったところで辺りはすっかり薄暗くなってきた。
まだ5時だというのにこの季節は日が暮れるのが早い。
薄暗い中の塗装も近所の目を考えると決して良いものではない。
だんだん塗り方が雑になっている自分が気になっていたが、途中でで終了というのわけにも行かず、最後は懐中電灯で照らしながらの作業となった。
次回(いつのことやら?)は、朝から作業するとしよう。
それにしても、キーボードを打つ手が重い。
運動することにしよう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

すっかり梅雨が明けてしまいましたが

2006-08-07 19:43:02 | 生活
すっかり梅雨が明けてしまい、全く役に立たない情報となってしまいました(爆)
記事にしようと思ったときは、梅雨真っ最中であったのに。

でも、折角なのでこれからの台風シーズン向けということでご勘弁

浴室暖房乾燥機能の無い我が家は、写真のローテクを導入しました。
浴室には、物干しをオプションで取り付けましたが、
今年の梅雨には全くの力不足。
バスタオルを2枚乾すと能力一杯。
除湿機を脱衣所から稼動させても、一日仕事になってしまう。
こうなれば、単純に乾す箇所を増やすしかない。
そういう訳で購入したのが写真の製品。
使用しない時は棒を取り外すことが出来るが、
FRSの天井は高いので外さなくても気にならない。
ローテク製品だが、なかなか役に立つ。
浴室乾燥や乾燥機付き洗濯機の無い方にはオススメである。
ちょっと大きいホームセンターで購入できます。
(取り付けには、別途梁を探す道具が必要)



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トマト受難

2006-07-19 00:18:22 | 家庭菜園
狭い庭ながら、トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、ズッキーニなどの家庭菜園にはまっている。
キュウリ、ナス、ピーマンなどは順調に収穫が出来この時期買う必要は無い。
しかし、一番の楽しみなトマトが赤くならない。
たわわに実ったグリーンなトマトたち。
スカット晴れた夏空に当たらないと真っ赤になってくれないの?
昨日からの豪雨で急激に水分を吸ってしまい、水っぽくなってしまう。
作付面積(と、言うほどではないが)の半分以上を占めているトマトたちよ、
来週には梅雨が明け君たちには恋しい夏空がやってくる。
大人たち(?)には、昨晩の涼しさが続くことが望ましいのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加