ブーケ

気の向くままに!!

ケイトウハッピーキャンドルの花は

2017-12-13 12:35:19 | 日記
一年草のヒユ科セロシア属のケイトウハッピーキャンドルが色とりどりの花を付けていました。
花は6月頃から11月頃ですが生産者の方がクリスマスのギフト用などに合わせて作られたようです。

ケイトウ(鶏頭)のハッピーキャンドルは一つの鉢にいろいろな色を合わせて、ハッピーキャンドルとして
販売されています。
寒さに弱く日当たりが好きな植物なので、この季節、陽が差し込む窓辺に置いてあげたほうが良いかもしれません。

花言葉は「個性、色あせぬ恋、おしゃれ」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オキザリス・バーシカラーの花は

2017-12-12 12:27:07 | 日記
カタバミ科カタバミ属(オキザリス属)のオキザリス・バーシカラーが白い花びらの縁に赤いラインを付けて、
小さな可愛い花をたくさん咲かせていました。

オキザリスの中でもバーシカラーは12月頃から3月頃冬に見せてくれる種類で、鉢花で霜の当たらないところで
管理してあげると良いかもしれません。

南アフリカ原産で蕾はお菓子のキャンディーのような色や形をしていて、個性のある形をしています。

花言葉は「決してあなたを捨てません、輝く心、喜び、母親の優しさ」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マホニア・チャリティーの花は

2017-12-10 12:37:26 | 日記
メギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)のマホニア・チャリティーが黄色の花をいっぱい付けていました。
ヒイラギナンテンとマホニア・ロマリーフォリアのかけ合わせの園芸品種です。

葉がヒイラギ(柊)に似ていて刺がありますが、葉の厚みはヒイラギより柔らかい感じがします。
茎は真っ直ぐに伸びそこにいっぱいの花を放射線状に咲かせますので、この寒い時期に黄色の花は
豪華な感じがします。

かすかな香りの放ち、庭植えや鉢花は12月頃から1月頃まで花を楽しむことができます。
花言葉は「良い家庭、激しい感情、愛情は増すばかり」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グロキシニアの花は

2017-12-08 13:19:54 | 日記
イワタバコ科シンニンギア属のグロキシニアがフリルをいっぱい付けたドレスのような赤や紫の花を
咲かせていました。他にピンクや白などがあります。

ブラジル原産で岩地などに咲く花で、直射日光が苦手な植物です。冬は一定の温度を保ってあげて、
春になりましたら葉挿しで増やすことができます。

多年草で華やかな花の別名はオオイワギリソウ(大岩桐草)、花言葉は「華やかな日々、艶麗」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラマンダの花は

2017-12-07 13:30:58 | 日記
キョウチクトウ科アリアケカズラ属のアラマンダが黄色の花を咲かせていましたが、この日はなぜか
ちょっと元気がなかったようです。

温室など温度が一定で温かいところですと一年中花を楽しませてくれ、南アメリカ原産で半つる性で
別名はアリアケカズラ(有明葛)です。

アラマンダは他にアラマンダ・ビオラケアがありますが色が濃いピンクで花の形はほとんど同じです。

花言葉は「恋に落ちる前、楽しい追憶、隠された美」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレプトカーパスの花は

2017-12-06 13:29:38 | 日記
イワタバコ科ストレプトカーパス属のストレプトカーパスがパープルの花を綺麗に咲かせてました。
別名はウシノシタ(牛の舌)ヒメギリソウ(姫桐草)です。

ギリシャ語のsureptosは(ねじれた)でkarpos(果実)から名が付いたようです。原産地は南アフリカ
熱帯アジア、マダガスカル、色はピンクや白、赤などがありこちらでは温室や鉢花で見かけることが
あります。

花言葉は「このささやきに耳を傾けて、真実、信頼に答える、主張」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャコバサボテンの花は

2017-12-04 13:52:53 | 日記
多肉植物のサボテン科シュルンベルゲラ属のシャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)の花が咲いていました。

シャコバは葉茎がお寿司のネタになります蝦蛄に似ているところから名が付き、別名のクリスマスカクタスは
クリスマスの頃に花を付けるところから名が付いたようです。後デンマークカクタスとも呼ばれています。

秋(9月下旬頃)に指で葉摘をしてあげますと、花が付きやすくなり綺麗な花を楽しませてくれます。
葉茎の先に花をたくさん付けますので、垂れるように咲き色もピンクや赤などがあります。

花言葉は「一時の美、美しい眺め」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パキスタキスの花は

2017-12-03 14:07:08 | 日記
キツネノマゴ科ベニサンゴバナ属のパキスタキスが白い花を付けていました。

黄色の重なる苞の先に白い羽のように見えます花はすぐしおれてしまいますが、黄色の苞は
長い期間楽しむことができます。

原産地はペルーで別名はウコンサンゴ(鬱金珊瑚」で、鉢花や植物園の温室では
よく見かけることができます。

花言葉は「美しい娘、楽しい語らい、飾らない心、素朴、慈愛」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カランコエの花は

2017-12-02 13:59:54 | 日記
ベンケイソウ科カランコエ属のカランコエが小さな花をたくさん咲かせていました。
寒い時期、部屋の中に色とりどりのカランコエがありますと暖かい気分なります。

カランコエは挿し木や挿し芽でも簡単に増えて、切り戻した先を土に挿しただけて、育ってくれます。
室内で育て土が乾いたら水をあげます。

和名はベニベンケイ(紅弁慶)色は赤、黄色、オレンジ、ピンクなどがあり、花言葉は「幸福を告げる、
あなたを守る、たくさんの小さな思い出、おおらかな心」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チェッカーベリーの赤い実は

2017-12-01 13:32:16 | 日記
ツツジ科のシラタマノキ属のチェッカーベリーが赤い可愛い実を付けていました。
この季節になりますとクリスマスやお正月用に小さな鉢に入り、販売されています。

北アメリカ原産でドウダンツツジの花に似た白い花を6月頃から7月頃に咲かせ、
別名はゴールテリア、ヒメコウジ(姫柑子)、オオミコウジ(大実柑字)です。

寒くなりますと葉は赤くなりますが、小さな赤い実は3月頃まで楽しむことができます。

花言葉は「明日の幸福、好奇心、不老長寿」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加