ブーケ

気の向くままに!!

隠れ蓑と石実皮と

2016-11-07 13:09:03 | 日記
ホオノキ(朴の木)のアーチを通りながら、飛騨高山には朴葉味噌のお料理があったことを思い出しました。朴葉の上に味噌を
のせて焼いたお料理です。その時初めて朴葉を見たような気がします。5月から6月頃に甘くて香りのよい白くて大きな花が咲きます。

マサキ(柾、正木)が赤い可愛い実をつけていました。花は6月頃から7月頃に黄緑色の小さな花を咲かせます。花言葉は「厚遇」です。

イシミカワ(石実皮、石見川)が緑から青や赤紫に変化する実を付けています。8月ぐらいから9月頃に小花を咲かせます。
花言葉は「正体不明、気まぐれ」です。

縁起木のカクレミノ(隠れ蓑)が実を付けています。葉の形は2から3裂と卵型になっていてとても特徴があります。
葉は黄色くなってから順に落葉します。
お話に出てくる天狗や鬼が持っているミノは羨ましい持ち物です。ミノを着ると姿を消すことが出来、なんでも願い事が叶うそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギンナン(銀杏)と釣鐘人参と | トップ | 白鳥と四季桜と »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事