ブーケ

気の向くままに!!

ナンバンギセルの花は

2017-09-12 13:11:21 | 日記
ハマウツボ科ナンバンギセル属のナンバンギセル(南蛮煙管)が萼の先に紫色の花を付けていました。
一年草で寄生植物なのでススキやミョウガなどから栄養をもらって育つのでその植物をダメにしてしまいます。

茎を横に持ちますと花の先が上になり昔、南蛮人が持ってたタバコを吸う時に使う煙管に似ているところから
名が付いたようです。

別名オモイグサ(思い草)は和歌などに読まれていますが、ススキの下でひっそりと下向きに咲く姿から、
名が付いたようです。

花言葉は「物思い」です。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タマノカンザシの花と | トップ | 白鷺とサギソウと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。