ブーケ

気の向くままに!!

トケイソウ・ピレシーの花は

2017-11-25 13:11:27 | 日記
熱帯植物のトケイソウ科トケイソウ属のトケイソウ・ピレシー(時計草・ピレシー)が赤い綺麗な花を
咲かせていました。

花が時計のように見えるところから名が付いたようです。副冠のある植物で、500ぐらい種類があり、
それぞれ個性的な花を楽しませてくれます。

別名はパッションフラワーで、トケイソウの仲間にはビタミンCが多くて知られています、パッションフルーツも
あります。

花言葉は「聖なる愛、信仰、宗教的な熱情」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクメア・フルゲンスの花は

2017-11-24 14:17:52 | 日記
パイナップル科エクメア属のエクメア・フルゲンスが青紫のビーズのようなものを付けていました。
別名はサンゴアナナス(珊瑚アナナス)で原産はブラジルです。

赤い茎がありよーく見ますと色が綺麗な不思議な植物です。エクメアの仲間は萼や苞が青や赤などの
いろいろな色があります。

花言葉は「完全無欠」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南地湧金蓮は珍しい

2017-11-23 14:28:26 | 日記
珍しいと言われています、バショウ科ムセラ属のウンナンチユウキンレン(雲南地湧金蓮)が
黄色の苞を付けていました。

別名チユウキンレンカ(地湧金蓮花)ですが蓮の花とは別の植物です、地面から金の蓮が
顔を出したように見えるので、名が付いたようです。

苞葉は長い期間見ることができます。花は苞の間に細かい小さく数多く咲かせますが、
なかなか見ることができません。

花言葉は「幸福を招く」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒法師の葉は

2017-11-22 12:07:32 | 日記
多肉植物のベンケイソウ科アエオニウム属のクロホウシ(黒法師)の葉が綺麗です。
花は黄色ですが、花が咲くと枯れてしまうようです。

日光が好きな植物ですが、直射日光が苦手で夏は風通しの良い所に置いてあげ、
冬は寒さに弱いので室内の日差しがあるところに置いてあげると良いかもしれません。

原産地は地中海西部、モロッコで品種改良によって販売されていて、葉の色は
黒みがかっていますが、日光不足ですと黒くなってはくれないようです。
また茎が太く縦に伸びていき大きくなっていきます。

花言葉は「いい予感、永遠」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラーの花が

2017-11-21 13:22:16 | 日記
夏に出回るカラーが綺麗です。サトイモ科オランダカイウ属でサトイモ科なので
花に見える部分は仏炎苞です。

南アフリカ原産で今は品種改良も進み色も多くあり楽しませてくれます。今の季節クリスマスや
お正月に向けて、生産者の方々が季節に関係なく多くの綺麗な花を作られています。

花を何本かまとめて長い茎にリボンを結びブーケにして、スレンダーのドレスに白のカラーの
ブーケが流行してた時期もありましたが、今は小さいカラーを可愛くまとめたのも人気があります。

花言葉は「華麗なる美、乙女のしとやかさ、清浄」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘミジギア・ピンクサファイアの花は

2017-11-20 12:45:18 | 日記
シソ科ヘミジギア属のヘミジギア・ピンクサファイアが小さなピンクの花を咲かせていました。

南アフリカ原産で半耐寒性の多年草です。春と秋にピンクの可愛い花を咲かせ、夏には班入りの
涼しげな葉で楽しませてくれます。

寄せ植えの場合は冬の寒い時には、霜に当てないようにしてあげますと良いかもしれません。

花言葉は「友情、沈静」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストックの花は

2017-11-19 12:41:22 | 日記
アブラナ科アラセイトウ属のストックが綺麗な花をたくさん咲かせていました。
和名はアラセイトウ(紫羅欄花)です。

南ヨーロッパ原産のストック(stok)は茎が太いところから名が付いたようです。
アレンジメントや花束によく使われます。

花言葉は「永遠の美、愛情の絆、求愛」で、香りのある植物で色によってそれぞれ違います。

色別の花言葉では赤のストックは「私を信じて」ピンクでは「ふくよかな愛情」
紫は「おおらかな愛情」で白は「思いやり、密かな愛情」ですので、プロポーズなどで
使われるときは花言葉を添えて差し上げますと喜ばれるかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキミア・ルベラの花は

2017-11-18 13:04:14 | 日記
ミカン科ミヤマシキミ属のスキミア・ルベラが紅い蕾をたくさん付けていました。
庭木や鉢花また紅い蕾は生花に彩を与えてくれます。

別名はシキミア和名はミヤマシキミ(深山樒)で、葉がシキミ(樒)によく似ていて、
グリーンのしっかりした葉です。

赤い小さな蕾から白い花びらが少しづつ顔を出していきますので、秋から春にかけて
楽しむことができます。

花言葉は「清純、寛大」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カネノナルキの花は

2017-11-17 13:11:07 | 日記
ベンケイソウ科クラックス属のカネノナルキ(金のなる木)が淡いピンクの花を
咲かせていました。正式名はクラックス・ポルツラケアです。

南アフリカ原産で別名はクラックス、カゲツ(花月)フチベニベンケイ(縁紅弁慶)です。

多肉植物で茎が細い時に、5円玉を通してお金が咲いたように見せて販売したことも
以前はあったようです。今でも新築祝いや開店祝いなどの贈り物としても使われています。

花言葉は「一攫千金、富、幸運を招く、不老長寿」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バコパの花は

2017-11-16 14:29:24 | 日記
ゴマノハグサ科ステラ属のボコパ別名ステラが小さな可愛い花を咲かせていました。
色は白、ピンク、パープルなどがあります。

原産地は南アフリカで高温多湿が苦手な植物なので、7月8月は涼しいところに
置いてあげると良いようです。

地面を横に這うように伸びていき、春と秋に沢山の小さな花を見せてくれます。

花言葉は「小さな強さ、愛らしい、心が和む、家族愛、燃える思い、知恵」です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加