ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:船橋市飯山満町にて、地デジ/BS混合ブースター工事

2011年01月30日 | 千葉県船橋市:アンテナ工事
1月29日分

今日は、船橋市飯山満町(ハサマ)にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います<m(__)m>



ここ飯山満町は、その昔”ハザマ”町と呼ばれていました。(濁点が入り、濁ります)

私が転校してきた時、そう呼んでいました。何時から変わったのか?定かではありません。断わりも無く・・・



今回のお客様のご要望は、少し変わった(失礼!)内容です。



先日、フレッツ光の工事が入ったのですが、分配器のある場所と既設配線(3C2V)だった為、工事が保留となってしまった様です。

フレッツの場合、3Cでは施工する事ができません。

新規露出配線となってしまいます。

そこで分配器の特定をして頂きたいとの事で、まずはご訪問となりました。

選択肢が、フレッツ、ケーブル、アンテナと現場に合わせた施工がご希望でした。

どちらにしても、施工方法はお客様がお決めになる事ですので、弊社としてはそのお手伝いができればと・・・



ご挨拶の後、早速分配状態の確認を行ないました。



ロフト部に、最初の分配器がありました。(入力線は外してあります:5Cは1Fへの送り線です)


これはフレッツの工事人も確認されたようです。

問題はこの後で、

どうやらここの1足(5C)が1Fに下り、何処かで3分配されているようです。

くまなく探してみましたが、あるであろう場所で確認する事ができませんでした。

大体の場所は分りましたが、開口部が無くお手上げです


ルートが把握?できましたので、これを生かした方法をご提案させて頂きました。


既存の状態:アンテナ入力→4分配→2Fへ3ヶ所
                  ↓
                  3分配→1Fへ3ヶ所


変更後:  アンテナ入力→4分岐→2Fへ3ヶ所(各所へ-10dB)
                  ↓
                 3分配→1Fへ3ヶ所
                 (3分配損失:約6dB、ケーブル損失:数dB)


未確認の3分配器がどんな物か?分りませんが、この様に変更する予定です。

これで6ヶ所全ての信号が揃います!


お見積りを提示させて頂き、お客様から”アンテナでの施工でお願いします!”と

大変ありがたいお言葉を頂きました。本当にありがとう御座います




そうと決まれば、既存のアンテナ撤去と、


仮測定を行いに走ります。

調査に時間が掛かりましたので、いつもよりスタートが遅れています。
(気にしませんが)


測定の結果、LVは70dBμV前後と好環境でした。

但し、アンテナを建てる場所は制限されます。

それは屋根上一面に、太陽光のモジュールが並んでいたからです。

既存のアンテナは、おそらくこれらの設置前に建てたものでしょう!


好環境である事から、サイドベースにての設置としました。

片流れの屋根部最上部に、取付けます。

いつもの様に、ステンビスとコーキングで処理します。

BSアンテナも一緒に付ける為、いつもと違い出代200ミリのタイプを使用しました。

BSアンテナの向きが微妙に傾斜部と干渉する予定なので、マスト長には細心の注意を施します。

結果、900ミリでいく事にしました。これで傾斜部をかわせます

 
 
 
 

CTCが微妙ではありますが、問題ないでしょう??


既存の引込み線が、玄関前までのた打ち回っていたので、

ショートカットして屋内まで引き込みました。



AMPをどうするか迷いましたが、3C2Vの損失を考え、今回はDX:GCU33L1を使用する事にしました。

そして完成です!!











ローバルもバッチリ。

使用したアンテナは、お客様が選ばれたものです。

3種類の中から、こちらをチョイスされました。なかなかの目利きですね




ロフトへ移り、電源部と4分岐器の取付を行ないます。

久しぶりに3C接栓造りました



6ヶ所のTV端子を交換します。



端末で最終確認します。
 
 
 
 
 
 
CTCが回復しています。

e2スカパーは、お客様ご覧にならないそうです。

画像上はOKでしたが、3Cが影響してか信号的には苦しい値となっています。

懸念されていた分配によるレベル差も、各お部屋にて確認したところ、ほぼ同一に揃える事ができました。  

予定通りです



この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これからは、ゴーストのない綺麗な画質をお楽しみ下さい。


今後とも、よろしくお願い致します。







※今回裏業を一つ。って言うか、いつも何気にやっていますが・・・

DXのBU33L1やGCU33L1の増幅部には、VHFの入力端子がありますね。

これ、ほとんど使用する事が無いと思いませんか?

この時、同梱されているグレーのキャップをそのまま挿すのですが、これ信用できないんです。

よく抜け落ちている事があります。

そんな時に便利なのが、ダイキャスト製の分配器などに付いているキャップです。

コイツをまず差し込みます。少々キツメで抜ける事はありません。

その上で、グレーのキャップにコーキングやボンドなどを付け取付けます。

こうしておけば、抜け落ちる心配もないと思うのですが・・・他業者様、如何ですか?

真似して頂いても結構です><はい!




こんな感じで・・・
ジャンル:
リフォーム
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉県:千葉市中央区星久喜... | トップ | 千葉県:八千代市大和田新田... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いただき! (みなと)
2011-01-30 19:57:18
渥美ロールに続き真似させていただきま~す!
Unknown (ELサービス)
2011-01-30 20:13:03
みなとさん、今晩は。

どうぞどうぞ!!

ところで”アツミロール”とは???

Unknown (増田DK)
2011-01-31 07:52:48
私もアツミロールに続き
真似させていただきます。 はい!
Unknown (ELサービス)
2011-02-03 19:09:04
増田さん。

遅くなりました。。。

はいはい、ご遠慮なくお使い下さい。

アツミロール、謎が解けました。。。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。