ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:鎌ヶ谷市某所にて、地デジ受信不良調査へ

2011年04月23日 | 千葉県鎌ヶ谷市:アンテナ工事
4月20日PM分

午後からは、一昨日ご連絡を頂いたお客様宅へ、地デジの受信不良調査に伺いました。

ホームページからのご依頼、誠にありがとう御座います<m(__)m>



5年前に地デジのアンテナを設置し現在に至っています。

その間、1Fのビクター製TVにて受信不良が続いているそうです。

2Fにあるアクオスでは問題が無いとの事。

お客様はTVの問題ではないかと思い、何回かビクターのサービスに来て頂いたそうです。

しかし・・・的を得た回答を頂けず、もしや?アンテナの問題ではないかと思われたそうです。

確かにそれはあり得る話しです。



とりあえず現場を見てみない事には原因は分りません。早速お邪魔してみました。



現場に着き外観を確認すると、どうやらUU混合の様です。



まずは問題のお部屋にてチェッカーで調べてみます。




フジTVとNHK-Gにエラーが出ています。他Chも安定しているとは言えません。

LDKのTVの裏に、DXの電源部がありました。

という事は、ブースターが付いていますね。

画像でも判るとおり、LVはいい感じです。しかし、地デジはLVではない事!これ以外に知らない方が多いですね。

原因は屋根上にありそうです。

そう言えばUU混合でした。まさかとは思いましたが、やはりその”まさか”でした。



上る前からその形で推測はしていましたが、混合器はこれです。


これでは地デジを混合する事はできません

お客様には申し訳ないのですが、基本的な事が分っていませんね、この施工は。



UUM-201の出力でチェックします。


この時点でアウト!です。これを増幅部へ入れたところで、改善するはずもありません。


試しに、東京キー局向けアンテナからのケーブルで測定してみます。


あれだけ乱れていたCNが改善されています。という事は・・・決りですね。

他のChも念の為確認してみます。




テレ東のみ具合が悪そうです。これだけ何とかなれば軽傷で済むんですが・・・

因みにLVは?





テレ朝と教育がヤバそうです。また千葉もこれだけ受信できています。

同じ事が千葉向けでのアンテナでも起こっていました。


結論、ここでは1本のUHFアンテナで受信可能かもしれません。

またこれが厳しい場合、マスプロ:UW7F(28.30)にてUU混合すればOKとなりそうです。



改善方法をご提案させて頂き、ご主人様と相談の上後日手直しとさせて頂きました。



この度は数ある業者の中から、弊社にご依頼頂き誠にありがとう御座いました^^

分りやすくご説明したつもりですが、もしかしたら難しかったかもしれません。

ご不明な点が御座いましたら、ご遠慮なくお問合せ下さい。



それでは今後ともよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県:船橋市三咲にて、U2SWL平面アンテナ+BS工事

2011年04月23日 | 千葉県船橋市:アンテナ工事
4月20日AM分

今日は、船橋市三咲にお伺い致しました。

ホームページからご依頼頂きました。誠にありがとう御座います<m(__)m>



お客様は平面アンテナの施工をご希望されているので、準備の上お伺いします。

絶対に平面アンテナでないと困る!という訳ではありませんので、幾分気が楽です。



現場に到着致しました。

切妻の屋根で、道路面とベランダ側が破風となっています。更に高さがあるので、ここからの昇降はかなり厳しそうです><

尚両側は隣接している建物がある為、アクセスはできません。



ご挨拶の後、早速調査を開始します。

2Fベランダから送信塔方面を望みます。間近に住宅が建っている為、微妙なところです><

用意した”マスプロ:U2SWL”でいきなり測定を始めます。



初めは低い位置から・・・予想とは違い、なかなかの受信状態です?



それでもCNが低いので、場所をかえ細かく煮詰めていきます。

そして・・・破風の一番上のところでオール30となりました。



しかし念には念を入れます。何回も何回も、変化の無い事を確認し、決行する事にしました。

 
 
 

 
 
 
平面アンテナでこの受信状態、ホントに稀な事です!



いつもの手順でベースを取り付けていきます。緊張の一瞬ですね。ハイ!

下穴を開けてから、ステンビスにて揉んでいきます。仕上げにはコーキングを!




次にBSアンテナの取付をします。

取り付けるところは、屋根の端とします。平面アンテナの隣に付けると違和感が出る為、あえて離します。

壁面金具にて破風に取り付けます。もちろん同じ仕様で。




続いて引込み線の処理を行ないます。

宅内への引き込み口が道路側の為、通線が必要となります。

アンテナ側の目立つところには”黒色”のケーブルを這わせる訳にはいきませんので、こちら側のみ白色系を使用する事にしました。

引き込みまではいつもの黒色を使用します。

これでアンテナ側はほとんど目立ちません。



続いてBSとの混合に取り掛かります。

お客様宅は既存で2分配となっています。


2分配であるなら、BSは増幅させる必要はありません。

そこで今回はサン電子:HB-U25MAを使用しました。

これは地デジ用のプリアンプで、BSも混合できるものです。(BSはパス)


U2SWLはこの様に


BSアンテナはこの様に


全て上手く処理する事ができました。



そして端末にて確認します。
 
 
 
 
 

素晴らしい結果です><

環境のせいもありますが、プリアンプのNFのお陰かもしれません。



それでは施工後をどうぞ!!






お客様にも感謝され、大変満足のいく出来となりました。

いつもこういくとは限りませんが、出来る限りの努力はしております。

施工後、お客様の喜ぶ顔が次へとつながります。



この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

今後ともよろしくお願い致します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加