ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:佐倉市王子台にて、地デジアンテナ工事

2011年01月20日 | 千葉県佐倉市:アンテナ工事
1月19日分

今日は、佐倉市王子台へお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います<m(__)m>



お客様はつい先日、こちらの方へお引越しされたようです。

その時は地デジがご視聴になれたのですが、最近状態が悪くなり今回のご依頼となりました。



到着して直ぐに、地デジのアンテナを確認しました。

これで視聴できないのは、何か問題があるからでしょう!!?



ご挨拶の後、早速その原因から探します。



まずはチェッカーにて信号が来ているかどうかの確認をします。

・・・・・反応無しです><  ??



2Fのお部屋に入ると、DXの電源部があります。

ハウスメーカーさんが書いたのか、注意書きにこう書いてありました。


”アンテナ強度が弱い為、このコンセントを抜かないで下さい”と!

しかしこれがあったTV端子は電流が通過しません。IN-OUT間のみ通電ですから・・・


試しに1Fリビングで繋いでみます。ここは端末の赤玉となっていますので電流は通過するはずです。

しかし・・・またもや無反応です><

TV端子はこの二ヶ所。という事は、屋根上に原因がありそうです。




ハシゴをかけ上っていきます。


3.6MにVUが付いていました。

それも地デジはパラスタックです。(UBL-62DA?)


おそらく、後から追加したのでしょう!



不調の原因は直ぐに分りました。

これです




増幅部から宅内へと繋がる同軸上で、”イモ結び”とは?これ如何に・・・

微弱ではありますが、DC15Vが流れる訳ですから、たまったもんではありません。



試しにビニテを剥がしてみると・・・


案の定、緑青が吹いていました。。。絶縁不良ですね。


念の為増幅部が稼動するかどうか確認します。


LCN3から電源を供給し測定します。

すると・・・


凄い事になっていました。

軒並み100dBμ近く。定格ギリギリです><

頭が痛くなってきました。



アンテナとAMPに問題ない事が分ったので、施工内容の打ち合わせを行ないました。

お客様、全て”渥美さんに任せる”とおっしゃって下さいました。

とても有り難いお言葉ですが、それよりもまずはお客様優先で考えなくてはなりません。

最良の方向をご提案させて頂き、施工に入る事にします。



施工内容は、既存のアンテナは撤去し、地デジアンテナとAMPのみ再使用します。

もちろん、不具合のあるところは全て直します。



UBL-62DAでの直下レベルです。
 
 
 
 

流石ですね、十分な受信環境です。

ホントはAMP無しでもよかったのですが、宅内配線が5C2Vだった為、保険的に取付ける事にしました。

UHFは-10dBで!!




支線アンカーは新たに4ヶ所から取りました。

既存のアンカーは下段用に使用します。







環境はいい方ですね。

ローバルも吹いておきます。





続いて2Fの中間端子(松下電工製)をマスプロ製に交換します。

理由は・・・





1FLDKに電源部を移設し、状態を確認します。
 
 
 
 
MXも何とか受信可能に!

ここにはありませんが、シャープのレコーダーでは”TVK”も受信できました。

ソニーのTVでは、ブロックだらけでしたが・・・




この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

本日からは地デジの綺麗な画像をお楽しみ下さい。


今後ともよろしくお願い致します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加