ELサービス:船橋市、習志野市、八千代市、鎌ヶ谷市、市川市、佐倉市、地デジアンテナ工事

地デジアンテナ工事を中心に、家電に関する工事全般。
→http://www.el-service3673.com

千葉県:市川市宮久保にて、倒れ掛けUU混合撤去、地デジ屋根裏アンテナ工事

2017年02月22日 | ★市川市:屋根裏アンテナ工事
2月12日分

今日は、市川市宮久保にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)


お話しによると、屋根上にあるアンテナが傾き今にも落ちてきそうとの事でした。

設置した時からも映りが悪く、度々障害に悩まされて来たそうです。

今回、その原因なども踏まえ交換も視野に対応して頂けないかとのご相談でした。

受信不良の原因から、今後の対応策までいかなるご相談にも対処させて頂きたいと思います。


お客様のご要望は、MXと千葉をご覧になりたいとの事。

市川市のこの立地ですと、UU混合(アンテナ2本)をしなければ両局を受信する事は難しいかと思われます。

お客様にご承諾を得て、現地での判断後進めていく事になりました。


現場に到着致しました。

問題のアンテナはこちらです。

破風に1.8M、おまけにアンテナが2本です。これではこうなるのも仕方ありませんネ。

撤去は後回しにして、宅内側から確認していきます。

前回来られた業者は分配器の位置が分からず、2Fのエアコンスリーブから引き込みその端子と接続し、各箇所へ流していたようです???

試しのその端子を外してみました。端末端子です。なるほど…

続いて隣の部屋の端子を開けてみると…

こちらは“送り端子”です。(その他数ヶ所も全て送り端子でした)

これで分配器が探せなかった理由が分かります。ただ送り端子であればそが無いのが普通なのに何故それに気づかなかったのでしょうか?その方が不思議です><

宅内配線の状況が掴めたので、アンテナの設置に移ります。

今後の安定度から、屋根裏設置を基本に進めていきます。

こちらの点検口から中を確認していきます。

お客様の方で、すぐに入れるよう準備しておいてくださいました。助かりますm(__)m

中へ入り受信確認をしてみました。

キー局千葉とも受信はOKです。但し1本のアンテナで双方を受信するにはそれなりのポイントを見つけなければなりませんでした。

探す事暫し…ベストポジションを発見しました。

マストを取り付けます。


受信状態は





方向はキー局向けですが、千葉は廻り込みで入ってくるようです。

アンテナをセットし




宅内配線のルートを確認しました。

その結果、屋根裏へ引き込み後1F和室へ下り➔キッチン➔LDK手前➔LDK【ここがメインです】➔2F和室➔2F(スリーブから引き込まれていた部屋)となっていました。

必要使用箇所は、基本LDKのみ。できれば2Fもご視聴になりたいとの事。

それらを踏まえて、点検口近くにブースターを組んでから信号を流してみる事にしました。

通常はこれで上手くいくはずなのですが、どうでしょうか?

結論から言うと、全然ダメです。ブースター出力で80dBμV近く出しているのに、LDKでのLVは40~50あたりで品質は最悪です。

そこで手前の3カ所を直結し再度確認。エラーは無くなりましたが、LVは低い状態が続いています これではLDKから先(2Fへは)に送る事は難しくなりそうです。

送り端子を付ければここがさらに減衰しますから。

そこでダメ元で“分配型の送り端子”を使用してみました。


これで上手くいけばよいのですが…

2F和室も直結とし、2F端末で確認します。しかし…全然ダメでした。。。1F~2Fの間に問題がありそうです。

宅内配線はすべて5C-2Vです。この辺りも影響しているのでしょう。

そこでもう一度整理します。

LDKまでは減衰は有れど、何とか繋がりました。2Fはというと、運良く2F和室から端末へ行く5C-2Vが点検口脇を通過していました。

これをカットし、ブースター出力の先に1分岐器を設けそのBRに繋ぎます。OUTは既設に載せLDKまで。



LDKは端末に換え、確認します。





やや低めですが、品質が良いので問題ないでしょう。

直結した箇所は、全てブランクチップで埋めておきました。


TVの設定を行い、無事すべてが映し出されました これにはお客様も大変ご満足の様で、今までなんだったのかと。


この後既存アンテナの撤去に向かいます。

上ってビックリです。かなりの勾配でした。。。

屋根材が滑らなかったので何とかなりましたが、滑るタイプだったら難しかったかもしれません。

近くで確認すると、


何てことでしょう? サイドベースは釘打ちでシリコンも無し。アンテナの重さで上部が抜けかけていました。。。

全てを撤去し、その跡にはシリコンで防水処理を施しました。


既存の引き込み線ももういらないので、ここも処理をしておきます。

アンテナも無くなり、スッキリしましたね。


今までの受信不良の原因は、これに寄る事も考えられます。

UU混合に使用されていた混合器です。

UHFとUHFを混合するものですが、この地区においてはこの混合器ではダメなのです。理由については幾度も述べておりますので割愛しますが、

もし使用するならマスプロ:UW7F(28-30)などの特定地区用混合器を使用する様にしましょう。

これを知らずに施工する業者もいるようなので、十分な注意が必要です。UU混合されているお宅で障害が出る場合には、これを疑ってみては如何でしょうか?

但し、屋根上に上らないとその確認はできませんのでご自身での作業はなさらない方が賢明です。必ず専門の方にお任せしましょう。


この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

これで長年のストレスが解消されたわけです。今日からは安心してTVをお楽しみください。

今後ともよろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県:佐倉市西志津にて、壁出し2ハンドル水栓からシングルレバー水栓への交換工事(キッチン)

2017年02月18日 | 水栓工事
2月10日分

今日は、佐倉市西志津にお伺い致しました。

こちらのお客様のご実家です。引き続きのご依頼、誠にありがとう御座います(*^。^*)


キッチンの壁出し水栓を、2ハンドルタイプからシングルレバー式へと変更します。

毎日使用する水栓なので、シングルレバー式に変更するればその作業性は格段にUPするはずです。


ご挨拶のあと、はじめていきます。

お客様宅はやや築年数が経っているので、既存の水栓を外す時十分な注意が必要になります。

力任せに行うと、配管を損傷させてしまう事もありますので。

という事で、その対策をしてはじめていきます。


既存の水栓をクランクから外しましたが、クランク壁側が簡単には外れてくれませんでした。。。

水側は外れたのですが…

クランクとモチだしの固着が相当なもので…


無理に廻すと、奥側の配管が折れ曲がってしまう場合があります。そうなると水栓交換どころではなくなります

慎重に慎重に…

そして何とか外す事に成功!

交換は無事終了となりました。



お母様とお父様に大変喜んで頂きました。

水栓交換でこれほど喜んで頂けた事はありません。

今日からは使い勝手の良い水栓で、台所仕事が楽しく行えるかな?と思います。


この度も弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急対応:四街道市和田にて、地デジ屋根裏受信不良(弊社施工分)点検修正工事へ

2017年02月16日 | ★四街道市:屋根裏アンテナ工事
2月8日PM分

午前中の作業時に以前、弊社で屋根裏に施工させて頂いたお客様からお電話を頂きました。

最近、一部のChが映りにくくなっているとの事でした。ご迷惑お掛けし申し訳ご座いません

今日の現場から近いので、急行させて頂く事にしました。


ご挨拶のあと、はじめていきます。

あれから2年半も経過しています。あっという間ですね。


問題を起こしているお部屋で確認しました。すると…

特にローChの乱れが凄いです。LVは低下し、BER/MERも。

これでは真面に映るわけも無く、原因を探っていくしかありません。

UBにある電源部から追って行きます。

機器不良も含めて点検していきました。しかしすでにここでもおかしい事に。

さらに上流へ。

2F点検口内を確認します。ここにある増幅部で。

んーん、ここでもです という事は、アンテナが付いている場所か?

袂まで行きチェッカーをあてますが、信号状態が大きく変わっていました。。。

調整を加え検討したものの轟沈。

やむを得ず設置場所を変更する事にしました。

現時点でより良い場所を探します。

そして




復旧

アンテナは奥の白丸のところから、手前に。



端末で確認します。




無事復旧となりました。


この度は多大なるご迷惑をお掛けし、大変申し訳御座いませんでした

今後とも問題が生じるようでしたら、ご遠慮なく申し付けください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県:千葉市花見川区畑町にて、地デジ屋根裏/BS壁面混合工事

2017年02月13日 | ★千葉市:屋根裏アンテナ工事
2月7日分

今日は、千葉市花見川区畑町にお伺い致しました。

ホームページよりご依頼頂きました。誠にありがとう御座います(*^。^*)

またこの度はご新築おめでとう御座います


地デジとBSの取り付けを希望されております。

地デジは屋根裏を基本に、BSは壁面での設置を予定しております。


ご挨拶のあと、はじめていきます。

こちらの点検口から中を確認します。


分配器は近くの情報盤にあるので、通線は比較的容易にできるかと。


受信確認の結果、屋根裏内でも問題無い事が分かりました。

マストをセットして


アンテナのセット完了






受信状況は





MXも何とかなるといいのですが…

続いてBSの引き込み線をベランダ側の軒下から入れ込みます。


コヤツを屋根裏でキャッチしておきます。


ベランダ金具を固定して



立下りの同軸に白色のビニテを巻きます。


アンテナをセットして

受信状態も良好です。





最後に情報盤内にブースターをセットします。



調整を加えてから、端末で確認します。






MXはギリギリとなりました。

画像確認すると、

何とか映る範囲に。あくまでオマケという事です。


この度は弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

何とかMXもご覧頂けて、としました。

来週のエアコン工事も、よろしくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県:船橋市藤原にて、洗浄便座取付工事

2017年02月12日 | 洗浄便座工事
2月6日分

今日は、船橋市藤原にお伺い致しました。

アンテナ関係で数度ご依頼頂いているお客様のお母様宅です。この度も弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座います(*^。^*)


今回はアンテナ工事ではなく、洗浄便座の取り付けをという事でした。

その昔、量販の工事をしていた時よくこの工事はしておりました。

電気屋さんが水道回りの工事?と 不思議に感じていた事もありました。

それでも“できません!”というのはシャクなので、できるよう勉強した記憶があります。

それが今では糧となっております。


取付に際しては、特に問題はありません。

通常の便座を外して、こちらに取り換えるだけです。

洗浄便座はTOTO製のそれで、こちらはさすがTOTO製といったところです。

取り付ける側の身にもなって造られているので。


一気に完了しました。



分岐からの接続ホースは、電気店向けの仕様(水道店向けの仕様とは異なります)となっているのでこの様になります。

本来はその距離に合わせてフレキで接続します。今回は付属品をそのまま使用しました。


この度も弊社にご依頼頂き、誠にありがとう御座いました^^

今後ともよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加