清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

トビを紹介するのは初めてです。

2017-08-05 19:41:01 | フォト

 トビ Black-eared Kite 全長雄約58.5cm、雌約68.5cm、と大きなタカの種です。翼と尾が長い。黒褐色で淡色の羽縁があり、若鳥はさらに明瞭。嘴は黒く、足は灰青色。飛んでいるのを下から見ると、初列風切基部に良く目立つ白斑がある。日本産のタカ類中最も人目につき、唯一の凹尾。アフリカ、ユーラシア、オーストラリアに分布。日本では平地に多く、特に市街地やその近郊に多い。また漁村や漁港付近で多く見られる。日本産のトビは留鳥といわれるがヨーロッパ産の亜種は渡りをする。動物の死体やネズミ、魚類が主で小鳥やヘビ、カエルなどを捕食することもある。

 夏羽根が抜けてさらに相当痛んでいます。尾羽もずたずたになっています。直ぐに生え変わりますがこのままでは飛ぶことも思うようには・・・・・夏には良く抜けた羽を拾うことが有ります。風切の先端がかなりちぎれているのでバトルの後かもしれません。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカチョウゲンボウ | トップ | ロミヤコドリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フォト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。