清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

フクロウが続いていますが、中でも一番でかいぶるいの・・・・・・・

2017-04-19 19:41:10 | フォト

 どでかい部類のヨーロッパワシミミズク Eurasian Eagle Owl 全長46-71cm 大きな身体に強靭な、足、嘴と長く幅広い翼を持つ。羽角が長い。羽色の変異が著しいが総じて褐色で、上面に入る暗褐色斑が大きいものから細い縦斑のもの、白色斑が入るものや無いものなどがいる。下面にもさまざまな縦斑と横班がある。虹彩は黄、橙色。アフリカ北部、ユーラシア大陸に分布。標高4,500mまで見られるが寒帯域にはいない。

いかにも、勇壮で、夜間は俺に任せろ!的な、雰囲気が感じられます。 かなり大きいからだ持ち主のです。眼の色に強烈な神秘性を感じます。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中位の大きさです。 | トップ | 正面から見ても驚かないでく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。