清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

近隣の地域から素晴らしいご夫妻がいらっしゃいました。

2017-04-21 19:27:39 | フォト

 楽しいお話が出来ました。短時間でいろんなお話が出来ました」。興味を持っているのが、余りにも同じだったためにテンポが速くなりました。野鳥の写真も撮られているとのことで、頼もしくも思いました。話の北杜市の市の鳥、フクロウを紹介します。 Ural Owl フクロウ、全長50-58cm これが日本のフクロウ、しかしこの名前が、すべてのフクロウ族の名前の総称になってしまっていることに困惑しています。1-10までを説明しなければなりません。フクロウとミミズクの違い、ズクとは?・・・ETC。あまりにも生物の教育のずさんさがみえてきます。一体どのように教えているのか? などなど・・・・

多くのお客様が余りにフクロウだけで全てを一つに考えておられることに、何時も戸惑います。 何処の時代から、何時の教育から正しいことをおしえていないのかが気になります。世界に現在約180種にも及ぶフクロウ科 これを一つに表現されることに長い時間を説明に費やします。我が、北杜市の市の鳥はこのUral Owl フクロウなのです。日本の名前の付け方に何時も違和感をもっています。??

 

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正面から見ても驚かないでく... | トップ | 翼に円形模様のないヒメキン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。