清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

名前があるのに説明がない。

2016-11-25 18:52:51 | フォト

 ミミヒメウ Double-creasted Coumorant 全長81cm、日本のヒメウは全長68cmですからかなり大きいです。 素晴らしい画像ですので資料が少なくてもカーバーのみなさんの為に投稿していますが、共通性の生態などを記事として投稿しています。ウ類はいずれも潜水して魚を捕食します。ウ類は、脂線の発達が悪く、羽には撥水性がないので、潜水に要するエネルギーは節約できるが、潜水後は翼を広げて日光で羽毛を乾かす必用がある。よく翼を広げているポーズの画像を見ます。 全長81cm といえば、我々の鵜飼に使われる、カワウと同じ大きさです。アラスカから北米、中米に生息。 

上嘴の先端が下方に大きく曲がっています。捕獲した魚が逃げられないようになっているのでしょう。また、明日詳しく書庫で調べます。こんな画像見せられると投稿したくなりますが、資料集めに結構時間を要しますが必用な資料ですので・・・・・頑張ります。この鳥も沢山の名前を持っています。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潜在的多くの能力をもってい... | トップ | 驚きです!全長13cm »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フォト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。