清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

このバランスを覚えるとよいですよ!

2017-04-29 21:15:59 | フォト

 カーバーの皆さんが覚えなければならないのが鳥の止まり木に止まる時の体重のバランスです。 クサチヒメドリ Savanna Sparrow 全長約14cm 雌雄同色。頭上は縦縞模様を呈し、頭中線は淡黄色でその両側は黒褐色、眉斑は白黄色。頬は淡褐色でその周囲を細い黒褐色の線が囲む。背は褐色で黒い縦斑がある。翼、尾は暗褐色。アラスカ、カナダ、からニカラグアまでに分布し、北方で繁殖するものは南方に渡って越冬。サバンナシトドともいう。

このガマ穂に捕まっている姿はバランスを勉強するには良い教材です。左足は横からガマ穂を掴んで、右足は完全にガマ穂の支柱を内側から掴んでいる。尾羽は垂直に下げています。嘴は水平に保っています、このような棒立ち状態は重心が耳の位置に有ります。耳の位置覚えておいて下さい。カービング作品の仕上げで大切なのは鳥の止まっている重心が重要なのです。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井戸端(水場)会議 | トップ | 体が13.5cmで嘴が10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。