清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

このポーズ探していたんです。

2017-05-13 21:03:46 | フォト

 相当以前からコアジサシのこのポーズ探していたんです。 やっと見つかり、カメラマンに感謝します。 コアジサシ、 Least Tern 〔Little Tern, Lesser Tern)とも表現されています。 私が始めてプロの部でブルーリボンを戴いたのがこの Least Ternです。このシャープな鳥に魅せられて、はまってしまってそうとう時間が経過しましたが、やっと探していた画像に数日前に出会いました。 これは是非制作のイッピンにしたいと思っています。10月までに形にしたいと脈うっています。

いろんな鳥のこのポーズは色々あったのですが、この鳥のポーズを探していたのです。私の制作しているリアリティー表現は想像では駄目なのです。ですから知りたいポーションは正格でなければならないのです。捜し求めて10年くらい過ぎたでしょうか?長い、強いウイングをめいっぱい振り下げている姿に美しさと、生命力の力強さを感じます。全長20-28cmの小さなこの鳥に強く心を動かされ続けています。コンテストで大きな賞を戴いたときの作品は振り返ると、その鳥に強く感動して制作した結果に戴いたように思えるのです。10月の塩尻市での作品展に是非とも御見せしたいと」思います。

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あのオスプレーは知っていま... | トップ | オウギアイサ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。