清水正廣のバードカービング・アート

バードカービング作品、野鳥写真、製作資料など紹介しています。
hiro-s@ivory.plala.or.jp

一昨日のモズより少々大きいですが。

2017-06-30 23:09:30 | フォト

 オオモズ、 一昨日のアメリカオオモズとは1.5cmほど大きいです。英名は Great Grey Shrike、です。頭から背と肩羽の上方半分は灰色。肩羽の下方半分と上尾筒は灰白色。尾は黒色で、外側尾羽は白色。翼は黒色で、初列風切基部と次列風切先端に白斑がある。頬、下面は白色。側胸から沸きに波状横班を持つ個体もいる。極北部、カムチャッカ半島、アジア南半分を除くユーラシア、アフリカ北部、北アメリカの大部分で繁殖し、冬に北方のものはやや南へ移動。日本には少数が冬鳥として北海道に渡来キチキチキチと強くなく、勿論モズの特徴の他の鳥の鳴き方をします。和名で百舌と表示されます。

なんといっても小さな猛禽ですから、尾羽を左右にぴんぴん振りながらタイミングをとっているんです。このポーズは遠くからでもモズだと確認できます。魅力的なクールガイです。

 

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マキバシギ | トップ | ヒバリヒメドリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フォト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。