ほそかわ・かずひこの BLOG

<オピニオン・サイト>を主催している、細川一彦です。
この日本をどのように立て直すか、ともに考えて参りましょう。

ゴア氏のノーベル平和賞を祝す

2007-10-13 08:54:30 | 地球環境
 地球温暖化防止のために活動しているアメリカの元副大統領アル・ゴアにノーベル平和賞が授与されることになった。心から授賞をお祝いしたい。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=315245&media_id=2
 
 ゴアは、平成4年(1992)にクリントン政権の副大統領になった。以後、その立場で8年間、彼が生涯の課題とする地球環境の問題に取り組んだ。京都議定書の起草にも参画した。
 しかし、平成12年(2000)の大統領選挙で、ゴアはブッシュ(息子)に僅差で敗れた。ブッシュ政権は、それまでの経済と環境の調和を重視する政策から、経済成長重視の政策に転換した。ゴアは政界を去り、民間人として、地球環境の保全のための活動を行なってきた。
 平成18年(2006)、ゴアは、映画『不都合な真実』を製作し、人類に行動を呼びかけている。この作品は、全米を中心に世界各地で講演を行っているゴアの講演を映画化したものである。同名の本も出されている。
 このまま温暖化を防ぐことができなければ、人類が破滅的な状態に陥るのは明らかである。地球の現状はどうなのか、なぜ急速に温暖化が進んでいるのか。どうすれば破滅を回避できるのか。自分にも出来ることは何か。是非多くの人に考えていただきたい。
 私は、ゴアの著書・映画をもとに、地球温暖化問題について、今年の4月末から5月にかけて連載を書いた。それをまとめたものを、私のサイトに掲載してある。ご参考に願いたい。

 拙稿「地球温暖化~“不都合な真実”を知ったら」
http://homepage2.nifty.com/khosokawa/opinion09d.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9・11~欺かれた世界22 | トップ | 9・11~欺かれた世界23 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ノーベル平和賞アル・ゴア、次期大統領の可能性は? (米流時評)
     ||| アル・ゴア次期大統領の可能性 |||アカデミー賞ノーベル平和賞の次にゴア氏が目指すは大統領の座? グローバル環境の闘士と、京都議定書を廃棄したブッシュとの対比 日本時間 2007年10月13日 <ysbee> 三四郎さんのブログへのコメントより 今回...