仮 定 さ れ た 有 機 交 流 電 燈

歴史・文化・環境をめぐる学術的話題から、映画やゲームについての無節操な評論まで、心象スケッチを連ねてゆきます。

いつものごとくに:師走を迎える

2007-11-30 03:18:36 | 生きる犬韜
いま22:52、さっきまで研究室で仕事をしていた。帰りの電車のなかでブログを書いているわけである。
木曜日は本来研究日で講義はなく、家にいていいわけだが、後期は千代田学が入っているのでだいたい出勤している。最近は土日に学会や入試が入ったりしていたので、休みの日がまったくないという週が続いた。いきおい徹夜も増え、昨日など睡眠不足がピークに達して、ホームで立ったまま寝そうになり、あやうく線路に落ちるところだった(そんな話を枕に1限の講義を始めたら、何人かの学生が、リアクションペーパーに「心配です」と書いてくれた。本当にありがたいものである)。そんなわけで、帰宅してからは仕事にならず、作ったばかりのコタツで冬眠してしまった。明け方ようやくPCに向かったが、集中力は途切れ途切れで、何ごとも完遂できないまま出勤。今日は先日新たに仰せつかった、オリエンテーションキャンプ運営委員の会議もあったので、千代田学の前にそれを片づけ、一緒に出ていたヘルパー長のKさんに、第1回の企画会議を招集するよう指示。3月までは卒論審査だ入試だ採点だと騒々しいが、ほかに12月には校正も含めて原稿3本、1月には書評1本、3月にはシンポの報告が1本、千代田学資料集の作成や上智史学会ホームページ構築作業の仕上げもあり、ここにオリキャンの準備が入るとすると何だか大変そうである。うー。

そんなストレスもあってか、月曜には、金曜の特講で筮竹がわりに使う竹ひごを調達しにハンズ新宿店へ行ったついでに、紀伊国屋でどかどかと小説を買い込んだ。読む暇があるのかどうかは怪しいところだが、本にはやはり、購入する快楽、所有する快楽というものがある。とくに、『ラナーク―四巻からなる伝記―』のような分厚い物語はその範疇に属するだろう。「ダンテ+カフカ+ジョイス+ブレイク+キャロル+α…奇才アラスター・グレイによる超弩級百科全書的ノヴェル」という帯の文句には、心揺さぶられるものがあるじゃないか。作者のグレイは、なんと装画も自分自身で描いているとか、才人なんだなあ。ちょうど火曜のプレゼミで絵巻の概説を行うべく、『伴大納言絵巻』を精査し常盤光長の闊達な描線にほれぼれしていたところだったので、久しぶりに絵が描きたくなったりもした。京極以上の厚さがあるので持ち歩くのには不便だが、なんとか読了したいものである。ほかに、皇なつきの『夢源氏剣祭文』第1集、雑誌『宮澤賢治』の最新号、『パンズ・ラビリンス』(まだ観られていない。来週こそは!)を特集した『cinefex』5号も購入した。

さて、明日は5限で学生に易を体験してもらった後、土居さん・佐藤さん・工藤さんらと「異界からのぞく歴史」の企画会議である。ぼくは、かつて紀尾井ホールの位置にあった某旧華族邸にまつわる怪異を扱いたいと思っているが、調べれば実名が分かってしまうのでちょっとやりにくいかも知れない。いくつか資料を持っていって、議論のなかでネタを練ってみよう。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末へ:あっという間に冬が来た | TOP | 師走も足掻く:「困」の先に... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。