仮 定 さ れ た 有 機 交 流 電 燈

歴史・文化・環境をめぐる学術的話題から、映画やゲームについての無節操な評論まで、心象スケッチを連ねてゆきます。

瘠せた?といわれる:Tomy's boot campには、以前から入隊しているが…

2007-07-12 10:43:26 | 生きる犬韜
最近メディアへの露出も多い、ビリーさんの方ではない。トミーさん(モリミー氏)の方である。
モリミー氏によれば、Tomy's boot campの手順は以下のとおりらしい(番号は筆者が付した)。

1)自分の能力の見積もりを誤る。
2)上記の手順をふまえた上で、仕事を引き受ける。
3)締め切りに間に合わないかもしれない。
4)頑張る。
5)才能がないと自分を責める。
6)締め切りに間に合わないかもしれない。
7)机に向かい、珈琲を飲みながら煙草を吸う。
8)ご飯を食べるのが面倒になる。
9)ハッと気づくと一日が過ぎている。

素晴らしい。激しく共感する。これならば、ぼくも以前から入隊していた(たばこは吸わないが)。モリミー隊長は、これで骨と皮だけになったそうだ。しかし、ぼくは周りから「瘠せた?」と心配されるものの、実は完全にボリュームを維持している。なぜなのか。それは、ぼくが隊長ほど真面目でなく、自堕落なせいで、上の隊規?を微妙に変えてしまっているからだろう。つまり、

1)自分の能力の見積もりを誤る。
2)上記の手順をふまえた上で、仕事を引き受ける。
3)締め切りに間に合わないかもしれない。
4)頑張る。
5)才能がないと自分を責める。
6)「本当の締め切り※1はいつだろう?」と勘ぐる。
 ・「ぼくはほんたうのしめきりをさがすぞ」と銀河を見あげてつぶやく。
7)PCに向かい、気晴らしにブログを更新する。テレビに逃避する。
8)ご飯を食べるのが面倒になるが、逃避のために食べる。
 ・徹夜するとお腹が減るので、ときにはコンビニに食料を買いにゆく。
9)ハッと気づくと朝が来ている。
10)講義をする。会議に出る。
 ・「9コマ講義をする」「週2ケタの会議に出る」などのオプションがある。
11)ハッと気づくと締め切りを過ぎている。
12)編集者の電話に怯えて暮らす。

という感じだろうか。この変則campにはまり込むと、身体はそれほど瘠せずに、精神ばかりが消耗してゆく。しかも原稿は進まない。どこかで泥沼を抜け出さねば。

※1 明示されている締め切りは、原稿を早めに回収するための仮の姿で、「本当はここまでは待てるんだよ」という実相が、1~2ヶ月後にあることが多いのだ。もちろん、あえてその実相を見極めようとする行為は、もの書きとしては非倫理的である。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   Trackback (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書物文化論終了:届いたかい... | TOP | 前期終了間近:さあ、これからは »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
[獺祭奉行]でも、銀河を見上げたくなるんだ。。。 (はかとも/無縁の彷徨)
今年の新規受注分からこそは「ほんたうのしめきり」探し*1を止めようと誓ったはずが、すでにお手つき。。。 *1:元ネタはこちら