gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

座礁 フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)

2010-03-16 19:57:56 | 日記
 三重県御浜町沖の熊野灘で09年11月に座礁し、解体作業中だったフェリー「ありあけ」(7910トン)が9日、船体後部を残して崩落、水没した。船体切断で強度が低下していたところへ荒波が襲ったためとみられ、4月中に完了見込みだった4分割による解体撤去作業がずれ込む可能性が出てきた。船体からは角材など多数のごみが流出。地元漁協は10日、定置網漁を中止した。

【フェリー座礁時のニュース】三重県沖で急傾斜、座礁 28人全員救助(09年11月)

 撤去業者の深田サルベージ建設(大阪市)によると、崩落は9日午後2時ごろ始まり、船首部や船体前部、船尾部などが次々と水没。ごみは現場南の海岸に漂着し、フェリーを所有するマルエーフェリー(鹿児島県)などが回収に追われた。

 深田サルベージ建設から経過説明を受けた紀南漁協(三重県紀宝町)の佐田美知夫組合長は「重油流出はなく、定置網漁は11日に再開する」としながらも「解体業者は太平洋の荒波を甘くみたのではないか」と指摘した。同社は「予想外の事態。今後の作業は潜水調査をして決める」と話した。

 解体は1月15日開始。崩落当時、低気圧の接近に伴い波浪警報が出され、現場海域は5メートルを超える高波となっていた。【汐崎信之、写真も】

【関連ニュース】
【荒天で作業を延期していた】熊野灘のフェリー座礁:「ありあけ」撤去、荒天で10日前後からに
熊野灘のフェリー座礁:船体のつり上げ「3月6日ごろ」 
フェリー座礁:漁自粛の紀南漁協 24日にも再開へ(10年1月)
三重・熊野灘のフェリー座礁:「現場で4分割」 撤去方法を合意

<雑記帳>愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」(毎日新聞)
【KANSAIハヤ耳】「本に願いを」プロジェクト 森のメープルあめ(産経新聞)
<鳩山首相>中国の唐元国務委員と会談 上海万博訪問に意欲(毎日新聞)
医療ADR機関連絡調整会議、26日に初会合-厚労省(医療介護CBニュース)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄知事と電話会談=官房長... | トップ | 和泉の不明中2女子 東京で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。