Khmer Yeung クマエユーン

「私たちの国、カンボジア」という意味。
手作りの゛ぬくもり″を感じるカンボジア雑貨の店

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

草木染めを見て来ました

2011年07月22日 | ぬくもり雑貨

クロラインという木の皮を大きな鍋で煮だします
鍋いっぱいに入れた水がほぼ無くなったら、またいっぱいまで入れて煮出すこと2回
その液に、あらかじめ用意した糸を入れます。

糸を入れたら軽く絞って、ひたすら叩きつける
こうすることで、中まで色が染み込んでいきます。
漬けては叩き、繰り返すこと5,6回質問をしてみると
「何回くらい続けるの?」「染まるまで」 これは大変

途中で、染まり具合をチェックしてみます。
こんな感じで、ひもを結んだ所だけは染まらずに残っています。
まだ染まり方が足りないということで、再び作業開始

染まった後は、液を火にかけ、その中で糸も一緒に煮ます。
それで、やっとひとつの色が完成です
今度は今回染まった部分をひもで縛り、糸のまだ白い部分を染めます。
全面が絣のスカーフが完成するまでには、約1カ月半ほど掛かるそうです。

伝統的な手仕事を継承しているヨーンさんを応援していきたいです

Khmer Yeung (クマエユーン)のホームページはこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加