あたさん家

子どもと猫と花とか星とか。。。

お兄ちゃんを待つ

2017-11-14 | 生き物の話

毎日のように同じ時間になると玄関にやってくる志麻子。
息子を待っている。

いつもこの時間、息子が帰ってくると思っている。
息子のこぐ自転車の音の微妙な感じを覚えている。

遠いところから聞こえてくるペダルの音を志麻子はわかっていて、眠っていてもその音が聞こえると首を持ち上げる。

そんな志麻子の愛情を息子はどれほどのことなのか知らない。

なので、待っている志麻子の背中を撮影した。


息子はしんみりとしていた。



志麻子にとって息子は何なんだろう。

子どもなんだろうか。親だろうか。兄妹だろうか。恋人だろうか。

明日もたぶん同じ時間に志麻子は玄関にいるんだろうな。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツリーを見てドキドキするな!! | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿