ぼうぼうの受験生日誌

資格取得66個の受験・受講の記録や思い出、その他諸々の独り言、早期退職、お洒落な爺を満喫中、妻M子が大好き、行雲流水ナウ

防火安全技術者(講習)の巻

2016年03月21日 | 防火・防災関係資格
今回のテーマは、2015年10月に受講した東京都火災予防条例に基づく「防火安全技術者」について記します。
この資格は、ご存知の方は、ご存知のとおり、東京都火災予防条例の資格ですから、東京都限定の公的資格です。
今も、多くの犠牲者を生む火災が発生しています。そのことを踏まえ、火災予防の知識を取得するために、今回の講習を受講することにしました。
詳しくは、東京都火災予防条例の当該条文(防火安全技術者)を参照ください。
ちなみに、この講習は、1課程1日、3課程を受講すると3日を要します。
私は、フルコース(3課程、3日間)を受講し、防火安全技術者の第一種を取得することにしました。フルコースで無い場合は、第二種となります。


講習会の概要は、下記のとおり
1) 受講資格:制限なし
2) 講習時間:6.5時間/日(8:30~17:10)
3) 講習内容(詳細は、HPに掲載)
① 1日目:防火避難
② 2日目:火気電気
③ 3日目:消防設備
4) 受講日:2015年10月7日~9日(第一種は3日間)
5) 効果測定:課目ごとに実施されます。
6) 判定:効果測定の結果が悪いと補習(?)
7) 会場:専売ビル8階専売ホール
8) 講習会費用:全ての課目を受講するので¥34,500(自腹)




10月は、3日日曜日は、第二種電気工事士筆記試験(結果は合格)7~9日は、この防火安全技術講習、13日~30日は、建築物環境衛生技術者講習(結果は免許取得)を受講することになっており、ほぼ10月の1ケ月の仕事は休業でした。勿論、欠席、遅刻、早退は、認められません。大変多忙な1ケ月となりました。


朝は、東京上野ラインに乗車、熟睡し、品川で降車、田町駅まで一駅乗って、田町駅からマクドナルドに寄って、コーヒーをクーポン券で購入、講習会場へ、午前中は、そのコーヒーをちびちびやりながら、講習を聞き、昼食は、妻M子の作ってくれたラブラブスペシャル「ハムサンド」を食し、午後は、のど飴を舐めながら、睡魔と闘い、最後に効果測定を行い、採点結果は100%(満点)で、1日の講習は修了、帰りは、東京-上野ラインに乗車するため、一旦、品川に乗って、運よく座れれば、熟睡するといったパターンです。
講師の方の話しを聞いていれば、十分、効果測定は、問題ありません。

ちゃんと講師が「ここ重要」とか「ここ大事」とか言うので、そこをチェックすれば効果測定は大丈夫、更に、テキスト参照可でしたね。



私の場合は、テキストで確認することもなく、3分程度で、全10問を解答、それぞれの課目の効果測定の結果は、100%でしたね。(60%未満は別途呼び出され、補習?されるようですが、どんな話があるのか?この程度の効果測定で、補習とは、情けない・・・・防火安全技術者としての責務を果たせる?(意見には個人差があります))
甲種特類消防設備士として、この程度の効果測定をパーフェクトで解答しませんと、その免許が鳴きます。

5年後に再講習をしなければなりませんが、5年も経過すると消防関係法令は改正されます。悲惨な火災がなく、穏やかな時間が過ごせることを祈りつつ、5年後の再講習を受講したいと思います。

「自分の身は自分で守る」ことの知識として、有意義な講習であったと思います。講習テキストは、ボリュームがあります。講習参加者の何人が、講習終了後にこのテキストに目を通したんでしょうか?
まずは、「火の用心」ですね。
(意見には個人差があります)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« プロフィール更新 | トップ | 職長等安全衛生教育の巻 »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事