ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

コエンザイムQ10に加齢臭を抑える効果

2017-04-20 10:44:46 | 化学
疲労回復や老化防止などの効果があるとして、サプリメントや化粧品などに含まれているコエンザイムQ10に、加齢臭を抑える効果があることを資生堂が初めて発見しました。

このコエンザイムQ10の歴史はかなり古く、50年以上前にK社が発酵法という微生物が生産するものを取り出し、医薬品として販売していました。この物質は化学名をユビキノンといい、多くの微生物が持つ一連の化合物の一種で、油脂というよりワックスに近いような非常に親油性の高いものです。

そのため生産性も低く精製にも手間がかかるため、かなり高価なものとなっていました。当然この時期には研究する人もほとんどおらず、その効果なども全く分かっていませんでした。

ところが30年ぐらい前にN社がこの化学合成法を開発し、かなり安くQ10ができるようになったのです。N社はこのサンプルを多くの研究機関に提供し、その効果の検証を依頼し、同時に健康食品としての開発を行いました。

この成果としてQ10ブームのような現象が起きたのです。私の友人にN社でQ10の開発をやっている者がおり、ソフトカプセルになったQ10をかなり多く貰いました。友人は当時色々発表されていた効能を説明し、ぜひ飲むように勧めてくれました。

ただQ10は分子量も大きく腸での吸収性があまり良くないので、油の多いものを食べたとき一緒に飲むと良いということでした。しばらく忘れていたのですが、思い出して夜寝る前に飲んでみました。

私は比較的寝つきの良い方なのですが、その日はベッドに入っても寝付けず眠るまでにかなり時間がかかってしまいました。そこで友人に電話し、夜飲んだら眠れなくなったことを話したところ、Q10の作用にそういった覚せい作用もあるので朝飲むように言われました。

飲めばある程度は吸収され、あまり望まし作用ではなかったのですが、生理作用があることもわかりましたので、その後しばらく朝飲んでみましたが、あまり効果を感じることがなく止めてしまいました。こういうことがあり、一大ブームになりなんにでもQ10入りが流行りましたが、その効果は疑っています。

今回の資生堂は、65~74歳の女性にQ10を100ミリグラム毎日摂取してもらい、加齢臭の原因物質で肌から放出されるノネナールの濃度を4週間後に測定しました。その結果濃度は摂取前と比べ2~3割減少したということです。

これにより臭いを体内から抑えることができるとしていますが、被験者も6人と少なく、この程度の減少で効果があるかわかりませんが、また新たなQ10ブームが来るのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳児にはちみつは危険 これ... | トップ | ガン細胞、体内時計乱し肝臓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。