ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

6月度定例麻雀

2017-06-14 10:40:43 | ギャンブル
昨日6月の定例麻雀をこのところよく利用する雀荘で開催しました。

この雀荘は小さなビルの5階の全フロア―を使っているのですが、エレベータを降りると雀荘の中という面白い作りになっています。全体のつくりや内装も立派で、休憩所?なども立派なソファーがおいてあり、中央のカウンターも意味なくすごい作りになっています。トイレも非常に大きくきれいなので、雀荘の前はクラブか何かだったのかもしれません。

今回の麻雀は全体的に前回とは打って変わってやや派手な麻雀となりました。最初の半荘でSHさんがチャンタ、三色、イーペイコウ、自摸というドラがない跳満を上がるところから始まりました。

こういったときは一人にツキが偏ることが多いのですが、不思議と皆が均等に上がる感じです。私の手もそれほど良くはないのですが、まあまあの形でそれなりに上がれました。それでも最初の半荘と次が共に±0の2位ということで、それほどついてはいないが悪くもないという感じでした。

我々の麻雀は点数に関係なくトップが10で2位が5のウマが付きますので、順位争いもなかなか面白いもので、時に昨日はオーラスで順位が入れ替わることが多い、難しい麻雀となりました。

たぶん4回目でしたが、麻雀の役には無関係なのですが私に面白いことが起こりました。配牌に字牌がないということはたまにありますが、自摸にも字牌が全く来ないのです。その割にはあまり手は良くなく、欲しい牌の引きも悪いまま進みました。

あと3,4回で流れるという終盤に私に関係なく上がって終わりになりましたが、ついにそこまで1牌も持ってきませんでした。終わった時に手の内と捨て牌と並べ字牌が全くないことを見せましたが、他のメンバーはあまり感心しなかったようです。

今回の最高手は私が振り込んだのですが、面清一色、ピンフ、ドラ1という倍満でした。中盤過ぎぐらいにH君がピンズを全く捨てていないのに注意はしていたのですが、自摸切りした5ピンが当たってしまいました。2.5,8待ちというきれいな手でした。

本来これで私は大沈みするところですが、この少し前私も倍満を自模っていました。ピンフドラ1で1,4,7ピン待ちの1ピンで一通という手でしたので、当然黙って1ピンを待っていました。ところがSKさんからリーチがかかってしまい、1ピンが出る捨て牌ではなかったため、私もリーチで追いかけました。結果的には私が1順で1ピンを自模り裏ドラまで乗り一挙に倍満になったのです。

結局7半荘やったのですが、私は1度もトップを取れず2位3回、3位4回で-20の最下位となりました。長くやると平均化する傾向にはありますが、これほど接近することは珍しい気もします。結局は雀荘の一人勝ということかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巣を乗っ取るスズメが増加傾向 | トップ | 有機化学は何をやっているの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。