ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

7月度暑気払い麻雀

2017-07-27 10:41:19 | ギャンブル
先日今月2度目の麻雀を暑気払いとして開催しました。

このところ本当に暑く、家から出たくない感じですが、地方は大雨で被害が出たり大変のようです。関東地方はほとんど雨が降らず、貯水量が減少し取水制限が出ていますので、なかなかうまくいかないものです。私の区域は神奈川県でも特別な区域で、独立した水源を持っていますので、水の心配はしなくて済んでいます。

いつものように駅前の広場のようなところに集まりましたが、待っている間本当に暑く直接雀荘に集合しようかなど話していました。いつもの雀荘に行くましたが、数卓空いている程度で平日の昼間でも暇な人は多いようです。

当然年寄りが多いのですが、4卓も女性だけのグループがいました。やりながら話していたのですが、こういう人たちはどこで麻雀を覚えるのか不思議な気がします。どこかで女性の麻雀教室などというものがあるのかもしれません。

私たちの麻雀のほうは私が荘家で始まり、前回書きましたように東の1局はリーチをかけたいと思っていましたが、東が対子でドラが2枚入っています、これだと鳴いて上がって満貫ですので、待っていました。なかなか東が出ずに七対子の一向聴まで行ってしまったところ、東が暗刻たのです。

これならとトイトイに代えたところすぐ2回ポンができ、ドラと8ピンで聴牌しました。ドラは出ないとしても皆もそれほど警戒していませんので、期待していたところ8ピンを自模って親の跳満となりました。

これで今日は調子よく上がれるかと思っていたのですが、麻雀の基本はピンフというのがどうも横の引きが強く対子ができやすかったり、暗刻ができたりしてなかなか手になりません。それでもこの半荘はトップになりましたので、以後は流す感じで打っていました。

一度交通事故のような役牌チャンタドラ1を振り込んでしまい、この半荘は最下位になりましたが、最初のトップが効きプラスで動いていました。

惜しかったのはやはりチイトイ風の手から南と北が暗刻になり、なんと中盤で4万が暗刻となり、自模り四暗刻を聴牌したのです。2万と6竹でしたが、2万が出ているだけなのでセオリー通りリーチをかけました。かなり残っていたのですが残念ながらこのまま流れてしまいました。やはり役満というのは難しいものです。

いつもの時間でちょうど終わりましたのでトイレに行ったところ、帰ってみるともう半荘やるということでまとまっており、続けましたがさすがに疲れてしまい集中力がなくなっていたようです。

最終的にはトップが2回とれましたので、H君の1位にわずかに届かない2位で終わりました。外に出ると夜になってもうだるような暑さが続いており、暑気払いにはなったようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症の根本治療薬は開発さ... | トップ | 残業代ゼロ法案が法律化するのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ギャンブル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。