ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

錦織残念 しかし準決勝進出

2016-11-20 10:35:20 | テニス
現在開催中のツアーファイナルの予選リーグ(ラウンド・ロビン)が終了し、上位4名が決定しました。

このブログでは、錦織は初戦のワウリンカ戦に勝ち、2戦目の対マレー戦で3時間20分の熱戦を繰り広げ、1-2で逆転負けとなったことを書きました。その後のメディアでは、この試合が記録に残る名勝負と評価されていましたが、観戦していても時間が気にならない良い試合でした。

試合後錦織は「良い試合をしても負けては何にもならない」というようなコメントを出していました。しかし負けたもののマレーから1セットとったことが大きな意味を持ってきたのです。2戦目にワウリンカがチリッチに2-0で勝利し、終わった段階でマレー2勝、ワウリンカ・錦織1勝1敗、チリッチ2敗となりました。

この予選リーグは上位2名が準決勝に進み、各組の1位が他の組の2位と対戦することになっています。この時の順位の決定法は、勝敗が同じときはセットの獲得率で決まります。チリッチの2敗は共に0-2ですので、この段階で予選敗退が決まりました。ですからもしワウリンカがマレーに負けると、錦織がチリッチに負けても3人が1勝2敗で並び、セット率で錦織が2位となるわけです。

錦織-チリッチは夜の試合で(日本時間午前5時)、その前にマレー-ワウリンカ戦がありました。当然この試合も見ていましたが、ワウリンカらしさが出ないまま4-6、2-6のストレート負けで、この時点で錦織の2位が確定しました。

これでチリッチ戦は気楽に見ていましたが、1セットは錦織らしさが随所に見られ、チリッチ得意の高速サーブが入らないこともあり、6-3で錦織がとりました。

チリッチは1昨年初めてこのツアーファイナルに出場しましたが、全敗で予選敗退しており、まだここまでファイナルで勝ったことがありません。チリッチは今年も全敗ではかわいそうなどと、余裕を持ってみていました。

しかし2セットは、後の無くなったチリッチが勝負に出てきたのです。錦織も1セットをとり、やや集中力が落ちていたということもありますが、チリッチの鋭い球がほとんど入るようになり、高速サーブも復活しました。2セットは錦織の自滅的な要素もあり、6-2でチリッチがとりました。

それでも1セットの錦織が戻ってくれば、ファイナルセットは取れるだろうと思っていました。しかし錦織が体力を温存して次のジョコビッチ戦に備えるなどということは無いと思いますが、錦織の動きは悪いままでした。ここで気持ちよく勝って次の準決勝に臨んでほしかったのですが、3-6で敗けてしまいました。ファイナル初勝利を狙うチリッチと、負けても2位確定の錦織では、メンタルが負けていたのかもしれません。

準決勝のジョコビッチ戦で、マレー戦やチリッチ1セットの強さが出れば、勝てるかもしれないと期待して観戦します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイン酵母を用いてビールを醸造 | トップ | 孫のバレーの発表会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テニス」カテゴリの最新記事