ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

花粉症 コメを食べて治す

2016-10-25 10:52:37 | 健康・医療
スギ花粉の成分を含んだ特殊なコメを食べて、花粉症の治療につなげる臨床研究を、大阪府呼吸器・アレルギー医療センターなどが開始するようです。

これはコメを食べるだけで、花粉症を完全になくすことができる可能性があるとしています。スギ花粉による花粉症は、日本人の4人に1人といわれるほど多く、抗アレルギー剤などの良い治療薬は出ていますが、その季節になると苦しんでいる人は多いようです。

私は幸い花粉症は発症したことがなく、この歳になればもう出ることは無いだろうと安心しています。花粉症はアレルギー疾患の一つで、本来有害物質ではない花粉に、免疫系が過剰反応をしてしまうことにより発症すると言われています。

この人間の免疫システムは、2歳のころまでに確立するのですが、本来の目的である細菌感染が起こらないと、いわゆる細菌免疫ができないまま大きくなってしまうことになります。最近のように何でも抗菌を重視することも、花粉症の増加原因の一つという説もあるようです。

花粉症の根治法として、スギ花粉エキスを舌の下に滴下する舌下免疫療法というのがあります。これは花粉症を起こさない程度のスギ花粉エキスを、毎日体内に入れることで、体の免疫系がスギ花粉に反応しなくなるという物です。これによって治療はできるようですが、3年以上の長期間の治療が必要とされています。

今回の臨床研究では、スギ花粉症の原因物質の目印となる部分が、米粒の中で作られるように遺伝子操作を行った「花粉症緩和米」を使用します。このコメは農業・食品産業技術総合研究機構が開発し、隔離して栽培しているものです。今回希望する研究機関や企業に提供されるものを使用します。

コメは胃で分解されず腸まで届くタンパク質を含んでいます。花粉症の人が毎日これを食べ、この目印が腸で吸収されるうちに、体内の免疫機能がこの目印に慣れ過剰に反応しなくなると考えられています。このコメには原因物質そのものは含まれていないため、強いアレルギー症状は出ないようです。

今回の研究では、花粉症の人に約1年間、このコメを毎日5グラム普通のコメに混ぜて食べてもらい、血液検査でスギ花粉に反応する抗体量を計るとしています。このほか3グループの人に約半年間、このコメと普通のコメ計50グラムを割合を変えて食べてもらい、効き目などを調べるようです。

これもかなり長期間必要ですが、単に普通の食事にこのコメを混ぜるという簡単なものですので、根本的な治療効果を期待しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月度定例麻雀 | トップ | 慢性疲労症候群の診断法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・医療」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。