ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

フレッツ光 自由化?

2015-04-22 10:10:54 | 時事
私の家はフレッツ光で外とつながっています。これを入れたのはもうずいぶん前になりますが、テレビがアナログからデジタルに移行するときにそれなりの対応が必要になりました。そのときアンテナを付け替えるとかいろいろ考えましたが、フレッツ光を入れるのがよさそうということで、テレビだけでなく、電話、インターネットをすべてをフレッツ光にしました。それ以来特に問題はありませんでした。

昨年あたりから、フレッツ光に関連していろいろ電話がかかるようになりました。ほとんどが「インターネットを高速で運用できるようになった」という内容で、テレビまでは対応できないということで終わっていました。これは単なるプロバイダーの売り込みということで、別に気にしていませんでした。ところが今年になってから、やや状況が変わってきました。
まず「フレッツ光をご利用いただきありがとうございます」から始まります。そうすると何となくすでに使っているところからの電話のような気になります。

そのあと簡単な手続きで、電話やインターネットが安く使えるようになり、手続きはすべてやります。と続きます。念のためNTTに電話して、何とか番号を確認してくださいと、電話番号を教えてくれました。ここまで何かを疑う部分はありませんので、NTTに電話したところ、自由化の話を詳しく教えてくれました。この一連の流れは、NTTを解約して新たに電話をかけてきた会社と契約することになるようです。この点を一切触れず、話を進めているというのは、詐欺に近いような気がします。

昨日もこの手の電話があり、しかも手が込んでいました。まず女性から電話で、フレッツ光に何かトラブルがあるかを聞いてきました。問題はないと答えると、30分後ぐらいに料金担当者から電話があるのでよろしくで切れました。その後今度は男性から電話で、安価で提供できるようなったといういつもの話になりました。そこでそれはNTTを解約するということかと質問したところ、「強制ではありません、失礼しました」で終わりました。やはりかなり怪しい商法といわざるを得ません。

今まで通りで安くなるというのは、こちらが勝手に思ってしまうことですが、私の家のようにいろいろな部分をフレッツ光にしているところは、どこまでサービスができるのか、支払方法はどうするのかなどかなり面倒なことになるところでした。自由化によって、多くの業者が参入できるようになるのは良いことですが、正当な手法で売り込むのでなければ、いろいろトラブルのもとになりそうな気がします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄翁長知事と首相会談 | トップ | 薬が市場に出るまで 臨床試験 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事