ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

11月度定例麻雀

2017-11-20 10:41:08 | ギャンブル
今月の麻雀はできたら2回やりたいということで、色々調整したのですが結局昨日の1回になってしまいました。

この頃本当に集まりが早く定刻の20分前には全員が揃いました。始まった印象では私の手はあまり良くないという感じでした。

東1局では早めにH君からリーチがかかり、半ば降りていたのですがまあいいかという感じで自摸切りした牌が当たってしまいました。しかも満貫という最悪のスタートでした。それでもこの半荘は苦労したのですが、何とか2位で終わることができました。

私の手は良い時と悪い時がはっきりしている感じで、それなりに打ちやすかったのですが、次の半荘はひどい結果でした。中盤で⒊面待ちのタンピンを聴牌しましたので、リーチをかけたところ親のSKさんに追いかけられ1順で振り込んでしまい親満という結果でした。

どうもこういう当たり牌を自模ってしまうときはついていないということで注意していたのですが、H君のダマの満貫に振ったりして飛んでしまいました(ハコテン)。

惜しかったのは次の半荘でしたが、配牌で東、白、9ピンが対子といういろいろできそうな手が来ました。何をやるか考えながら打っていたのですが、1,9字牌しか持ってこないのです。当面国士無双を狙って見ることにして東や9ピンも切っていきました。

中盤前に1ピンと1竹の一向聴まで行き、対面から1竹が出てあれが入ればと思っているときに1ピンが入り聴牌したのです。誰も気づいていないようでしたのでこれはチャンスと思っていましたが、SHさんに軽く上がられてしまいました。

このブログでも度々書いていますが、こういういい手を上がれないときは大きく沈むことが多いが自分になってしまいました。親が万子によっており7万をポンしている中盤でしたが、私は純チャン3色ドラ1を聴牌しました。

あまり変化なく進み2万を持ってきてしまいました。ここは当然勝負でまだできていないだろうと振ったところ、清一色ドラ1の跳満でまたハコテンになってしまいました。2回続けて飛んでしまうというのは珍しいことで、今日は大負けを覚悟しました。

今回の最高手はドラがらみではありましたが、SKさんがドラ暗刻の自模り四暗刻を聴牌しており、これにSHさんが振り込んで、トイトイ、3暗刻、タンヤオ、ドラ3の倍満でした。通常自模り四暗刻はリーチをかけるのですが、SKさんは上りを優先したようです。

私は最後の半荘で何とかトップを取り3位でそれほど大きく沈まずに済みましたが、かなり疲れた麻雀でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加