ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

加熱式タバコが歯周病を悪化させる?

2017-11-30 10:44:53 | 煙草
私も使用しているアイコスに代表される加熱式タバコに切り替えてから、歯茎が痛くなったという声が出てきているといいます。

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べれば、圧倒的に有害物質が少ないはずなのに、なぜ歯茎が痛むのか不思議なところです。

加熱式タバコは「次世代タバコ」とも称され、その代表格であるアイコスは未だに品薄状態が続くほど、その人気は依然として高いようです。メリットは副流煙がほとんどなく、周囲への臭いも気になりにくく、有害物質も9割ほど低減できるとされています。

このアイコスに加えてブルームテック(日本たばこ)やグローなどと言う機種も製品化されており、主要たばこメーカーによる次世代タバコ競争が過熱しています。こうした加熱式タバコは、タバコの葉を燃焼させないことから、有害物質であるタールがほとんど出ないのが特徴です。

これは私も実感しており、タバコを吸うとフィルターがかなり黄色くなりますが、アイコスだと全く色が付きません。タールには発ガン物質も含まれ、人体に影響を及ぼす化合物が約200種類も含まれているといわれています。これが10分の1程度であるのが加熱式タバコのセールスポイントでもあるわけです。

それにもかかわらず歯科治療の現場では、アイコスを吸い始めたことで歯科医院に来る患者が増加しているようです。これを考察するために、喫煙と歯周病の関係をまとめてみます。

タバコが歯周病の主要なリスクファクターであることは確かで、ほとんどの喫煙者は歯周病を患っており、原因としてはタールとニコチンといわれています。具体的には、喫煙によってタールが口の中の粘膜に吸収されると、唾液の分泌量が減少し、歯周病の原因である歯垢や歯石が歯に付着しやすくなります。このタールとニコチンの相乗作用で歯周病となるわけです。

ところがこのタールには有害作用がある一方で、抗炎症作用や抗ウイルス作用を持つ成分でもあるようです。これによって歯周病によって生ずる歯茎の痛みや腫れといった症状が、タールの作用によって抑えられているといいます。ですから歯周病が重度に進行してもその症状が表面化していないだけのようです。

つまり通常の煙草からアイコスに代えたことにより歯茎が痛くなるのは、タールの抗炎症作用がなくなったためであり、アイコスによって歯周病が引き起こされたのではありません。このタバコのタールに抗炎症作用があるというのは知りませんでしたが、やはり色々な成分の入っているタールには少しは役に立つこともあるのかもしれません。

幸い私はアイコスに代えても歯茎が痛くなったりはしていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加熱式タバコをどう位置づける

2017-09-28 10:41:29 | 煙草
加熱式タバコが本格的に売られはじめ、これをどう考えるかの賛成・反対の意見が出ていました。

私はこのブログにも書きましたが、8か月ほど前から加熱式タバコ(iQOS)を使っています。嗜好品の一つとしてタバコはずっと続けるつもりでいましたが、ネットなどでのアイコスの評判が良く、ほかの人への迷惑にならないということで試してみました。

これはタバコの葉を加熱して成分を吸うということで、ニコチンなどは普通の煙草と同じように入ってくるようで、十分喫煙の満足感が得られました。アイコスを吸うと普通の煙草を吸いたいという気持ちが出てこないということもあって、しばらくこれだけにしてみました。

私は喘息の傾向があり、毎日ではないのですが、朝起きたときや夜寝る前にかなり咳が出ていました。また温度が急に変わった時なども咳き込むことが多かったのですが、喘息のためとあきらめていました。

ところがアイコスに代えてから1週間ごろからこの咳が全くでなくなったのです。偶然喘息が良くなった可能性もありますが、やはりタバコによって出ていたと考える方が良さそうです。

アイコスの宣伝文句にはタバコ中の有害物質を90%以上削減したとありますが、確かにヤニはほとんど出ていません。このように私にとってはかなり良い効果が出ているようです。

この記事でも賛成派(というより容認派)のガンセンターの医師は、「害の低減」ということを利点として挙げています。この医師は禁煙外来を担当しているようですが、実際に禁煙に成功する人は3割に満たないようです。こういった禁煙できない人に、少しでも害の少ない代替品として加熱式タバコを進めることの方が実際的であるとしています。

また周囲の人への影響は非常に少なく、副流煙というものは全く出ませんし、煙の代わりに蒸気が出ますがすぐに消えてしまうためこれを吸う可能性は非常に少ないとしています。

反対派はいつものようにタバコである限り絶対悪であるという主張ですが、ニコチンを摂取するので依存性は変わらないというのは確かです。また害が少ないというのはたばこ業界の一方的な発表であり、信頼できないとしていますが、この辺りは科学的論拠ですので信用してほしいものです。

私は先に述べたように、もう一度タバコに戻る気はしませんが、このアイコスという装置は精密機器ですので、いつ故障が出るかわからないという気もします。そういったときに備えてもう1セット買っておこうかと思っていますが、まだ品薄状態が続いているようです。

加熱式タバコはいろいろ面倒なところがありますので、すべての煙草がこれに変わることは無いと思いますが、これからも伸びていきそうな気はしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電子タバコアイコス大ヒット中

2017-05-10 10:51:39 | 煙草
現在加熱式たばこのアイコスが、世界展開の中日本でも人気沸騰しているようです。

私も2か月ほど前通常のタバコショップやコンビニでは買うことができず、やや高価なものをネットで購入したことをこのブログでも書きました。やっとコンビニなどでも買えるようになったようですが、まだまだ品薄状態が続いているようです。

アイコスは日経トレンディでは2016年のヒット商品番付で3位になっているようです。私の場合は、どんなものか興味から購入して使ってみたのですが、完全にタバコの代用品となり、今ではタバコは全く吸っていません。アイコスを吸っているとタバコを吸いたいという気にならないので、私にとってはタバコと同等の意味を持つようになっています。

競合他社品としては、JT(日本たばこ)からプルームテックなどが販売されているようですが、明らかに出遅れているようです。現在喫煙者のおよそ10%にあたる200万人が愛用しているとされていますが、なぜこれほどまでに売れたのか不思議な感じがします。

アイコスには既存の喫煙者の潜在ニーズを取り込む要素があると言われています。第1にタバコの煙で人に迷惑をかけたくないものの、ニコチンを確実に摂取できること。第2に喫煙者のイメージが悪くなり、タバコを吸う姿が格好悪いという不安を解消してくれる。第3にタバコは健康に悪いかもしれないが、これならかなり低減していることなどが上げられます。

私はそれほどひどくはないのですが、喘息になっており朝起きたときや寝る前に咳が出ることがありました。これがアイコスに代えてから全くでなくなったのです。アイコスのデータとして、タバコに含まれる有害物質を9割削減しているということがありましたが、これはメーカーの資料ですのであまり信用していませんでした。

しかし私にとって咳が出なくなるというのは大きなメリットですので、この点からもタバコを吸わなくなった理由の一つです。

またヒットした別な要因として、国の方針としてタバコ関連は一切宣伝してはいけないということがあります。確かにテレビなどでアイコスのことを見たことがありませんが、口コミだけで広がったというのが逆に効果があったとも考えられます。

このアイコスが現在の嫌煙運動から考えて、禁煙の場所でも吸えるようになるとは思えませんし、私もそういったところで吸ったことは無いのですが、路上などで煙も出ないし灰も出ないということで気楽に吸えることは確かです。

これからアイコスなどの位置づけが決まるのですが、たぶんタバコと同じになるでしょう。それでも他人に迷惑をかけないという点では、これからも増え続けるような気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受動喫煙防止に効果はあるのか

2017-04-22 10:39:20 | 煙草
タイトルのような記事が掲載されていましたが、文章的には否定の意味が入っているような気がしましたが、推進の記事でした。

まずデータとして喫煙による超過死亡数は13万人、受動喫煙では約7,000人(15,000人という説もあります)と推定され、ガンに限ればそれぞれ年間77,400人、2,120人が死亡していると推定されているようです。

現在厚生労働者では受動喫煙防止対策の原案が作られているようですが、なかなか進展していません。これは主な理由が2020年のオリンピックに向けて、海外と同じ程度の規制をしたいということのようですが、やはり日本なりに事情があるようです。

例えば最近スペインに行ってきた人の話では、店内禁煙が徹底している代わりに路上が吸い殻などでかなり汚れているようです。ところが日本では駅周辺や繁華街ではこの路上喫煙も禁止されているところが多いようです。外も禁煙で中も厳しいとしたら反対意見が出るのは当然のような気がします。

タバコの煙としては喫煙者が吸い込む主流煙、吐き出す煙を呼出煙と呼び、煙草の先から出る煙を副流煙と区別しています。この副流煙中には有害物質が多いというのは納得できます。タバコの温度は700℃程度とされていますが、吸い込むことで燃焼が促進され、1200℃程度まで上がるようです。

ですから主流煙は燃えカスを吸っているようなもので、当然温度の低い副流煙のほうが色々な物質が含まれていそうです。厚生労働省の最新タバコ情報によると主流煙に比べニコチンでは2.8倍、タールは3.4倍、アンモニアは46倍としています。ただしこれは計算できるものではありませんが、主流煙を吸い込む量と副流煙を吸ってしまう量は何十倍かの差がありそうな気がします。

それでも具体的な受動喫煙防止策が必要なようです。私が住んでいる神奈川県は2010年にかなり厳しい受動喫煙防止条例が施行されています。その後の推移がまとまったようで、喫煙関連疾患の入院リスクというものが出ていました。

これは45編の論文をメタ解析という手法でまとめたものですので、どの程度信頼できるかは不明です。これによると冠動脈系の疾患が施行前後で15%減少し、脳血管疾患も16%減少、呼吸器疾患も24%減少するとしています。このほか実施前後での喫煙率(大幅に減少しているわけではありませんが)などを根拠に、受動喫煙防止の強化は効果がみられるとしています。

とにかく喫煙者がタバコを吸うことがどんどん難しくなっていますが、そういうこともあって私は電子タバコに切り替えました。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

煙草1日30本で白血病リスク2倍に

2017-04-17 11:06:16 | 煙草
国立がん研究センターは、煙草を1日30本以上吸う人は、吸わない人と比べ急性骨髄性白血病になるリスクが2倍になると発表しました。

喫煙者の中でも一日30本以上吸うとなるとかなりのヘビースモーカーといえますが、単なる喫煙者と非喫煙者では有意差が出なかったのかもしれません。しかしニュースではこう発表されても、事実としては喫煙者のリスクは2倍高いとして残っていくのでしょう。

もともと海外では、喫煙がこのタイプの白血病のリスクを高めると報告されていますが、日本人でも当てはまることが今回の大規模調査で初めて裏付けられたとしています。

具体的な方法としては、10府県の40~69歳の男女約10万人を対象に、2012年までの平均18年を追跡調査しました。その結果このタイプの白血病になった90人(男55人、女35人)の年齢の偏りなどを調整し、発症リスクを算出しました。

しかし18年もの長期ですと、途中で禁煙した人や本数が変わった人など出てくるはずで、この辺りはどう調整するのか実際の処理に興味があります。せっかくこれだけの大規模調査を行ったわけですので、他の項目例えば肥満度を表すBMIとの関連などで集計すれば、面白い結果が出たのではないかと思っています。

発症率が10万人当たり90人というのは、肺ガンの死亡率が10万人当たり130人程度となっていますので、白血病の発症率としては妥当なところかもしれません。しかし発症者数があまりにも少なく、例えば喫煙者が30%として3万人となりますので、29,960は白血病にならなかったということになります。

こういった疫学調査で、それほど多くない病気の場合やむを得ないのですが、0.1%程度の発症率では、大部分の人はその病気にかからないことになります。そのうちの0.1%に何か意味を持たせようとすること自体無理なような気がしています。

しかしこの調査自体が禁煙活動の一環かもしれませんので、吸わない人に比べ30本以上吸う人は2.2倍のリスクが高くなったということになるのでしょう。なお女性は喫煙者が少なかったことから、はっきりした結果は出なかったようです。

私はもともとガンは自然発生するもので、外的要因はほとんどないと考えていますので、今回の結果はうまく好ましい数字が出るように、いろいろ苦労したのだろう程度に思っています。しかしどうせやるなら、発症率もより高い糖尿病と肥満の疫学調査などをやって欲しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加