ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

家の外猫キツネの話

2017-10-02 10:39:41 | 
久しぶりにネコの話を書きますが、最後の外猫(家で餌をやっている野良猫)になりそうなキツネという猫の話です。

私の家では庭に住み着いている外猫が常時2,3匹はいたので、玄関前に寝床を作ってやったりしていました。そのため餌を出してある時間が長いため、通りすがりの野良猫が来たりと色々なネコが来ていました。

かなり昔の話ですが、サンボンというネコが庭に住んでいるとき、黄色いネコでやせ細っておりまるでキツネのようなネコが来ました。そのままそのネコはキツネという名前にしましたが、サンボンとすぐ仲良くなり、一緒に庭で暮らすようになったのです。

サンボンは野良猫といっても飼われたたことがあるようで、触ったりなぜたりすることができるのですが、キツネはそういう経験がないのか、触ろうとするとすぐ逃げてしまうネコでした。一時は白黒ブチのネコと3匹いましたので、車のボンネットやフロントガラスが猫の足跡だらけになっていました。

ところが白黒ブチは多分老衰のようでしたが、3年ほど前に亡くなってしまいました。その後キツネは余計サンボンにくっつき、発泡スチロールと段ボールで作った寝床は2つあるのに、一つの寝床に折り重なるように寝ていました。

ところがこのブログにも書きましたが、サンボンが悪性のコロナウイルスに感染し、肺水腫になってしまいました。もちろん何歳ぐらいかは分かりませんが、かなり歳をとっていたようです。何回か水を抜いたりしましたが、今年の1月亡くなってしまいました。

一人になったキツネはそれでも庭をうろうろしていたのですが、いわば用心棒がいなくなったことで新たな問題が発生しました。家から50メートルほど離れた家でネコを飼っているのですが(たぶん4匹)、その家もいろいろ事情があるようで昼間はネコを外に出していました。

サンボンがいる間はそのネコが家に来ることは無かったのですが、非常に怖そうな黒猫が家に来てキツネに襲い掛かるようになってしまったのです。そのうちキツネの姿が見えなくなってしまいました。散歩がてら家の周りを探したりしましたが、隠れているネコを見つけるのは難しいことです。

ところが数日後痩せてボロボロになった状態で現れました。このキツネ用にエアコンの室外機の上にエサ台を作り、窓からエサを出せるようにしました。すると毎日4時前後に食べに来るようになったのです。

ところが黒猫問題は片付いておらず、キツネが食べていると飛びかかりキツネの餌をとってしまうことが分かりました。そこで現在はキツネが来るとかみさんが餌をやり、私が外に出て黒猫を追い払うという面倒なことになっています。

なんとかキツネを捕まえて家に入れてしまおうとしていますが、知人や獣医さんから捕獲器具を借りているのですが、失敗が連続しています。かわいがることができない猫ですが、しばらくこの状態が続きそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネコの尻尾は何を伝える

2017-06-23 10:46:20 | 
ネコは時として謎の行動を起こすということで、ネコの行動についていろいろ解説した記事を見ました。

私の家にも4匹+αのネコがいますが、謎という程の行動ではないような気もします。基本的にネコというのは我儘で自分勝手な動物だと思っていますので、それほどネコの動きに注意することもありません。こういったネコはそれぞれ個性があり、様々な行動をしていますが、共通した性質があるのかもしれません。

この記事ではネコが寝転がって尻尾でトントン床をたたいているときは、全体的にはリラックスしているが、音や動きなど何かしら自分の周囲で起きていることに注意を払っているとしています。

尻尾を激しく振るのは、緊張の表れや攻撃の前触れで、あるいは触るなという意思表示のようです。しかし家の中のネコはあまり尻尾を激しく動かしているのを見たことありませんが、触ると怒るようなときは確かにあるようです。

落ち着いているネコが尻尾をまっすぐ上に伸ばして先端がかぎ状に曲がっているときは好意的な挨拶としています。しかし先端までピンと立てているときは攻撃的なときのようですので、なかなか難しいものです。

残念ながら家のネコたちは一匹は長いシッポなのですがもともと先端が曲がっていますし、2匹は尻尾の骨が複雑に折れ曲がっており、全体は奇妙な格好になっていますので、あまり役に立たないようです。

また尻尾を丸めて足の間に入れているときは、防御の姿勢というのは、けんかしているネコではよく見かける形です。ネコが突然走り出し家じゅうを駆け巡ることがありますが、これは「ズーミー」とよばれるもので、ネコの中に蓄積した不満や恐れなどが一気に噴き出したものと考えられるようです。

家でも階段を駆け上がり2階を一周して駆けおりてくることは時々やっていますが、これを「キャットハイ」と呼んでいます。しかしこれはトイレでの排泄の前後に起こるようで、別に不満があるためではないような気がします。一匹がこれをやりだすと、場合によってはつられて走り出すネコもいますので、単なる遊びの一種ではないかと思っています。

その他この記事ではこういった行動は、本来は獲物を刈るために使われていたはずの、行き場をなくしたエネルギーの発散だと推測しているようです。これ以外にも物を隠すネコの習性など解説していますが、もう人間に慣れ親しんで長いネコを、本来の習性から推測するのはやや無理があるような気がします。

家の中をうろうろしているネコが、いつの間にか近くに来て横になっているのを触る程度で、猫との付き合いは十分のような気がしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫のコロナウイルス感染症

2017-01-13 10:50:13 | 
昨年11月家の外猫のサンボンがコロナウイルスに感染し、胸水がたまってしまったことを書きました。

コロナウイル自体は非常にありふれたウイルスで、ほとんどの猫が感染するのですが、病原性はほとんどなく知らないうちに消えてしまうという経過をたどるようです。しかしこのウイルスが体内で突然変異を起こし、猫伝染性腹膜炎(FIP)という病気を発症することが、感染猫の5%程度に起きるようです。

この突然変異が何で起こるかはわかっていないようですが、猫側の要因とウイルス側の要因が関係していると言われています。猫側の要因としては、免疫システムがバランスを崩し、ウイルスに対して過剰なアレルギー反応を起こすことが発病につながっていると考えられています。

結局原因も不明で対症療法以外の治療法もないようです。発症した腹膜炎(サンボンの場合は胸膜炎)を抑えるためにステロイドを使ったり、免疫を上げるためのインターフェロンなどもあるようですが、根本的な治療にはならずほとんど死亡すると言われています。

家のサンボンですが、胸水を抜いてもらって楽になったのか若干食欲も出てきたようですが、それもほんの2,3日でまた食べなくなってしまいました。庭に段ボールと発泡スチロールの寝床が作ってあるのですが、一日中その中から動かなくなってしまいました。

12月になりまた獣医さんに連れて行って胸水を抜いてもらったのですが、300mlほど抜いてもあまり元気になりません。そのうち鼻がぐしゅぐしゅになり、どうも風邪をひいたようで、これは抗生物質を与えて治まりました。しかし気温もかなり下がってきて、外にいるのではなかなかめんどうも見られないということで、12月中旬に私が普段仕事をしている部屋に入れてやりました。

この頃になるとかみさんが色々なエサを買ってきて与えるのですが、ほとんど食べないようになってしまいました。当然ですがどんどんやせていき、触ってやっても骨が目立つようになりました。年末の獣医さんの最後の日に胸水を抜いてもらい、たぶんこれが最後の治療で、後は見守るだけとなりました。

何とかお正月を超しましたが、水も飲まなくなってしまいました。獣医さんに相談すると、脱水状態になるとかなり苦しいので、点滴セットを買ってきて、皮下点滴をやりましたがもうそれほど暴れることもありませんでした。

もう最後の様だと寝室に連れて行ったところ、気が付くと私のベッドに乗って寝ていました。歩くことするできないはずが、どこにそんな力が残っていたのか不思議です。次の日私がマリンバのレッスンから帰るのを待っていたかのように、静かに逝ってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家の外猫の病気

2016-11-25 10:30:50 | 
私の家には餌だけやって、中に入れない外猫が何匹かいます。

野良猫といっても家で餌をやっていますので、実質的には飼い猫なのですが、普段は全く見かけないのですが、餌の時間になるとやってくる猫や、すっかり庭に住み着いて一日中庭にいる猫など様々です。

この庭に住み着いている猫のために、段ボールの中に発泡スチロールの箱を作り、冬用の寝床が作ってあります。ずいぶん前ですが、この寝床の中にタヌキが寝ていたことを、このブログにも書きました。

今はこの寝床の中で常に寝ているのは一匹だけとなっています。この猫はサンボンという名前がついていますが、7,8年前に近くの道路を後ろ足を引きずって歩いている猫をかみさんが見つけ、家で餌をやるようになったのが始まりです。

この時は獣医に連れて行ったりしませんでしたので、足がどうなっているのか分かりませんでしたが、割と早く普通に歩くようになりました。この猫は人に慣れていましたので、飼われていたのが捨てられたようですが、今ではすっかり庭が棲み家となっています。

サンボンはよく食べる猫で、かみさんもたっぷりエサを与えていましたので、7.5Kgの丸々太った猫になっています。それでももうかなりの歳になっているはずで、最近は寝床で丸まっていることが多いようです。

その何でも食べるサンボンの、食欲が落ちてきたとかみさんが言っていましたが、もう老衰の時期に入ったのだろうとあまり気にしていませんでした。ほとんど食べなくなって1週間目ぐらいに、このまま弱る前に一回獣医さんに見てもらうと言い出しました。私が見たところでは、まだ丸々と太っているし、あまり老衰の気配はない感じでしたので、近くの獣医さんに連れていきました。

獣医さんの診察でも熱もなく、触診などでも問題はなさそうでしたが、やや息が荒いということでX線を取ってみました。その結果なんと肺に水が溜まっていることが分かりました。このために呼吸が荒く食欲もなくなってしまったようです。

この日はちょっと用事があり、この胸水除去やその他の検査もしたいということで、そのまま入院させることにしました。次の日迎えに行って話を聞いたところ、たぶんコロナウイルスの感染だろうということで、現在このウイルス検査の結果待ちとなっています。この胸から抜いた水は、非常に粘度が高くかなりの量が出てきました。

このコロナウイルスというのは、普通にいるウイルスで、ほとんどの猫が一度は感染するようです。しかしそれほど毒性がなく、感染しても何の症状も出ないまま治ってしまうようです。しかし稀に突然変異で悪性化することがあり、腹水がたまったりサンボンのように胸水がたまったりするようです。

現在のサンボンは水がなくなったことで元気になり、食欲が出てきましたが、何しろウイルスですので治療法がなく対症療法をするだけですので、今後どういう展開になるのかやや心配しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の腎不全 原因解明

2016-10-15 10:33:27 | 
東京大学の研究チームが猫に腎不全が多い原因を解明したと発表しました。

猫の死因のトップは腎不全とされているものの、原因は不明で治療法も確立されていませんでした。私の家の猫たちもこの腎不全で亡くなっていますが、毎日見ていてもなかなかこの症状を見つけるのは難しいようです。

特に元気がなくなるわけではなく、やや水を飲む量が増えるとか食事量が減少してくることから始まるようです。私の家のように多頭飼いをしていると、個々の猫がどの程度食べているかなどなかなか把握できませんので、何となく痩せてきたというようなところまでいかないと発見することができません。

結局獣医さんに連れて行って、血液検査をして腎臓の数値が悪いということで初めてわかるわけです。現在のところでは効果のある治療はありませんので、腎不全が分かっても静脈点滴をしてもらう程度しかできません。それでも比較的早期であれば、こういった処置や食餌療法(腎臓病用の餌を売っています)で改善することもあるようです。

大部分は徐々に食べる量が減ってきて、かみさんは何か食べるものはないかと色々な種類を与えたりしたり、少しでも良くならないかと自宅で皮下点滴をしたりしますが、徐々に弱って死んでしまうというケースがほとんどです。

今回の研究チームの発表では、腎臓は血液中の老廃物をろ過して尿として排出する働きがある訳ですが、腎不全はこの機能が働かなくなるわけです。そうすると尿の通り道となる管内の細胞が死んではがれ、ごみとなってふさいでしまうことが原因となるようです。

ヒトやマウスでは、急性腎不全になった場合、血液中に浮遊しているタンパク質である「AIM」が活性化し、ごみの排除にかかわって腎機能を改善させる機能があるようですが、猫の場合はAIMが急性腎不全になっても働かないことを研究チームは発見しました。

ですから猫の場合は急性腎不全になると、そのまま慢性化してしまうことになるわけです。具体的なところはよくわかりませんが、研究チームではこのたんぱく質AIMの働きを利用した薬の開発がすすめられているようです。研究チームは「数年で猫の薬が使えるようになる見込みで、猫の寿命を大幅に伸ばせる可能性がる」としています。

この薬は猫だけではなく人間への応用も期待されているようですが、猫の薬の場合はそれほど規制も厳しくありませんので、一刻も早い実用化を望んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加