ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

ツアーファイナル決着 今年のテニスは終わりました

2017-11-21 10:43:33 | テニス
今年最後のテニス公式戦ツアーファイナルが、ディミトロフの優勝で決着しました。

前回この大会は特別であり、年間成績の上位8人のみが出場し、贅沢な条件で進んでいることを書きました。錦織が出ていませんので、同世代のチリッチとやや若いゴファンを応援していました。

8人を二つのグループに分け、総当たりのリーグ戦を行い上位2名が準決勝進出となります。Aグループはナダルが筆頭で、ディミトロフ、ゴファンなどが入っています。Bグループはフェデラーが筆頭でジャックソックなどが入っていました。

Aグループは初戦ゴファンに敗れたナダルが棄権してしまいましたが、どうもこの大会前から調子が悪かったようです。代わりに好調だったのがディミトロフで、3戦全勝で準決勝進出を決めました。

もう一人は1勝1敗同士のゴファンとティエムの勝った方が出場となりましたが、若手筆頭のティエムはあまり良いところがなく、ストレートでゴファンが準決勝進出となりました。Bグル-プはフェデラーが圧倒的に強く、3戦全勝で進出しました。

もう一人はやはり1勝1敗同士のソックと若手のズベレフでしたがフルセットの接戦の末ソックが粘り勝ちとなりました。残念だったのは応援していたチリッチに元気がなく、全敗で敗退してしまいました。

準決勝はフェデラー・ゴファンの戦いとなりましたが、ゴファンはそれほど鋭いショットもないのですが、うまさのフェデラーに食い下がり、フルセットの戦いとなりました。さすがのフェデラーも疲れが出たのか、ファイナルセットはややミスが増え、ゴファンの勝利となりました。

もう一試合のディミトロフ・ソック戦はディミトロフが簡単に勝つだろうと思っていましたが、予想外の接戦となりファイナルセットをなんとかディミトロフが取り決勝進出しました。

決勝戦の二人は同じグループですので、すでに予選で戦っており、ディミトロフが6-0、6-2と圧勝しています。決勝戦ですのでゴファンのリベンジを期待したのですが、やはりゴファンは頑張りました。

ともにそれほどサーブが良いわけではありませんので、ストローク戦となりましたが一進一退の展開となりました。1セットは最後にディミトロフが底力を発揮し7-5で取りました。2セットはゴファンが踏ん張り6-4でとり、ファイナルセットへもつれ込みました。これはディミトロフが6-4で取りましたが、本当にどちらが勝つかわからない緊迫した良い試合でした。

ディミトロフは錦織世代の一人として期待されたのですが、昨年一昨年とあまり良い成績が出せず脱落かと思っていたのですが、今年は見事に復帰してきたのです。

今年のツアーファイナルは、独占していたビッグ4から次世代へと代わりましたが、これが世代交代の一歩となることを願っています。     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ATPツアーファイナル開催中

2017-11-17 10:42:59 | テニス
今年度のテニスの最後の大会であるツアーファイナルが今週から開催されています。

この大会は通常の物と違って、今年度のランキング上位8名だけが出場する特別な大会です。このツアーファイナルは2014年に錦織が初めて出場権を得るまで、全く知りませんでした。もちろんテレビなどのマスコミが取り上げることもなく、こういった大会が開催されていることすら知りませんでした。

錦織は3年連続出場しましたので、テレビ放映もあり、その中でこの大会の特殊性がだんだんわかってきました。まず賞金も含めて破格の待遇で選手を迎えています。超一流ホテルに滞在し、試合会場までクルーザーで送るというのも有名ですが、試合中に使用するタオルに選手の個人名が印刷されているほどです。

また上位8人が出場ですが、9位の選手がいわば補欠として登録されているのですが、全く試合に出なくてもこの選手に1千万円以上の賞金が出るという、賞金総額もすごい金額となっています。

試合は8名を4人ずつ2つのグループに分け、総当たりのリーグ戦を戦います。この結果各グループの上位2名が準決勝に進むという方式です。このいわば予選をラウンドロビンと呼んでいますが、こういう上位選手同士の戦いは通常では決勝か準決勝になるのが毎日行われるという豪華な対戦となるわけです。

この試合の放映は昨年までWOWOWがやっていたような気がしますが、今年は錦織が出ていませんのでどうなるのか心配していました。ところがNHK-BSで全試合ライブ中継することになったのです。第1試合が夜23時から(日本時間)で、第2試合が朝5時からということですので、朝のは録画してゆっくり見ています。

今年は昨年の覇者マレーをはじめ、ジョコビッチ、ワウリンカの常連およびラオニッチ、錦織が欠場ですが、ナダル、フェデラー、ズベレフ、ティエム、チリッチ、ディミトロフ、ゴファン、ソックが上位8名として出場しています。

すでにラウンドロビンも3分の2が終わり、AグループからはディミトロフがBからはフェデラーが準決勝進出を決めています。

残念なことにナダル・ゴファン戦は非常に接戦となり良い試合だったのですが、フルセットでゴファンが勝った後、ナダルの棄権が発表されました。代わりにスペインのカレニョブスタが参戦しています。やはりこの時期になると色々怪我などが出てくるのかもしれません。

このように今週はテニス漬けになっていますが、後半戦もゆっくり楽しむつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のパリマスターズ決着

2017-11-07 10:44:11 | テニス
今シーズン最後のATP1000であるパリマスターズが、アメリカのジャックソックの優勝で幕を閉じました。

この大会はNHK-BSが放映していたのですが、今年は錦織も欠場しておりどうなるか気にしていたのですが、2回戦から一日1試合中継することが決まり夜のちょうど良い時間となり観戦できました。

本来ATP1000の大会はトップテン選手に出場義務があるのですが、ジョコビッチ、マレーは怪我で欠場で、先週優勝したフェデラーも急に欠場となりましたので、ビッグ4はナダルだけというやや寂しい大会となりました。

しかしランキング上位8名で戦うツアーファイナルの出場権が、この大会で誰になるかが変わりますので、可能性のある選手は必死のようでした。

日本人は杉田だけでしたが、この1回戦を中継してくれず、PC動画で見ていました。相手はセルビアのクライノビッチでランキングは77位で予選勝ち抜きということでしたので、楽に勝てると思ったのですが、それほど鋭いショットはないのですが、非常に安定していました。

1セットはちょっとしたミスが出て4-6で取られてしまいました。2セットはクライノビッチのストロークが冴え、杉田が返すことができないショットが増え、2-6で敗退してしまいました。

この後は復帰して上位に入りそうなデルポトロを応援することにしましたが、運よく2試合連続で放映されました。ポイントを計算すると、準々決勝に勝てばツアーファイナルに出場できることになりました。

その準々決勝はアメリカのイズナーとの対戦となりました。イズナーは208センチもありサーブが得意ですが、優勝すればツアーファイナル初出場ですので、どちらも負けられない試合となりました。

こういったビッグサーバー同士の対決は見ていてあまり面白くないのですが、デルポトロのサーブが入らなくなり1セットを4-6で落としてしまいました。デルポトロは前の試合で腰を痛めたようでやや動きが悪くなったのですが、2セットはどちらも譲らずタイブレークとなり、これを取ってファイナルセットにもつれ込みました。

この段階で両者がトレーナーの治療を受けるという状況でしたが、デルポトロの方がやや悪いようで、4-6で取られ敗退してしまいました。準決勝はこのイズナーが接戦を落とし、杉田に勝ったクライノビッチが決勝進出を果たしました。

彼は運もよく本来ならば準々決勝はナダルと対戦するはずが、ケガで棄権し不戦勝となったのです。決勝戦はこのクライノビッチとアメリカのジャックソックでしたが、残念ながらとてもマスターズという大きな試合とは思えない内容で、2-1でジャックソックが取り、優勝とツアーファイナル出場という栄誉を受けました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイスインドア フェデラー8度目の優勝

2017-11-03 10:43:15 | テニス
先週のことですがテニスのスイスインドア(ATP500)が開催され、地元のフェデラーが8回目の優勝を果たしました。

日本人としては杉田が出場しており、錦織の代わりに活躍することを期待していました。昨年まではこの大会はBS朝日が錦織の試合を中心に中継しており、録画したりして見ていたのですが、今年は錦織欠場のため決勝戦だけ中継するという淋しい状況でした。

それでも自宅ではPC動画をテレビで見るという手段がしっかりしていますので、やや画質は悪いものの注目する試合は時間が合えば観戦していました。この大会はジョコビッチ、マレー、ナダルが出ていませんので、調子の上がっているデルポトロやチリッチ、ゴファンといった選手が最終戦(グランプリファイナル)出場をかけてどんな展開になるか楽しみなところでした。

さて杉田の1回戦はカナダの18歳新鋭シャポバロフとの対戦となりました。ランキングも同じ程度ですので、面白い試合になりそうでした。やはり予想通りそれほど鋭いショットはないものの、安定している杉田と、ほとんど叩いて攻めてくるシャポバロフという構図になりました。

1セットは杉田の安定性が勝り、6-4で杉田が取りました。しかし2セットはシャポバロフの強打決まりはじめ、よく拾う杉田も追いつけなくなり、2-6で取られてしまいました。ファイナルセットは本当に接戦となり6-6のタイブレークまでもつれこみました。これは経験豊富な杉田有利かと思いましたが、残念ながら7-3で取られ杉田は初戦敗退となりました。

途中省略しますがこの大会は全く波乱がなく、準決勝の4人は第1シードから第4シードが揃うというやや珍しい展開となりました。

第2シードのチリッチと第4シードのデルポトロ戦は、競った良い試合となりましたが、やはりデルポトロの実力が一枚上手で6-4、6-4でデルポトロが取りました。もう一組のフェデラー・ゴファン戦は夜中になり見ることができませんでしたが、フェデラーのうまさが際立っていたようです。結局6-1、6-2とフェデラーの圧勝でした。

決勝戦は録画して見るのが遅くなりましたが、この大会初めてフェデラーを見ました。36歳のフェデラーは出場する大会を減らし、これぞというものだけ出ているのですが、本当にうまさが光り良い成績を残しています。この決勝戦も前後左右に揺さぶりながらデルポトロの強打に対抗していました。

1セットは拮抗しタイブレークまで進み、これをデルポトロが取りリードしました。しかし2セット、3セットはフェデラーの巧みな技が出て、6-4、6-3でフェデラーが取り、見事8回目の優勝となりました。休養を取りながらのフェデラーですが、これを破るのはなかなか難しいのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上海ロレックスオープン決着

2017-10-18 10:44:22 | テニス
少し遅くなりましたが、マスターズである上海ロレックスオープンテニス(ATP1000)が終わりました。

この大会は錦織が欠場していますので、NHKがライブ中継するのか心配していましたが、1日1試合で準決勝は2試合とも中継されました。上海ですので時差も少なくちょうど良い時間の放映となりゆっくり見ることができました。

この大会はマスターズでもあり、ナダル、フェデラー、ズベレフ、チリッチ、まだ順位は低いのですが実力者のデルポトロとトップ選手がそろっていました。

日本人選手としては唯一杉田が出場しました。1回戦は10シードのアメリカのクエリーとの対戦となりましたが、37位まで上げてきた杉田ですが、やはりこういったトップ選手にはまだ及ばず、3-6、2-6とあまり良いところなく負けてしまいました。やはり杉田もこういった大きな大会で勝ち残るためには、もう一段の強さが必要なようです。

私が応援していたゴファンは2回戦で姿を消し、やや楽しみが減ったのですが、順調に上位が残っていましたので観戦を続けました。

最初の好カードが3回戦のズベレフ・デルポトロ戦でした。若手筆頭のズベレフか、ケガの前にはグランドスラム優勝までしたデルポトロの強さが戻っているか興味深い対戦でした。これは予想通り接戦となりましたが、フルセットの末デルポトロが勝利しました。

準々決勝も面白い組み合わせが多かったのですが、上位のナダル、フェデラー、チリッチそしてデルポトロが勝ち残りました。ここまで年寄りの頑張りが目覚ましく、NHKもナダルとフェデラーの試合を中心に中継していましたが、ナダルは30歳を超えても相変わらず力強いテニスで勝ち上がり、フェデラーは一段とうまさに磨きがかかったようでした。

準決勝の第1試合はナダル・チリッチ戦でしたが、どうもチリッチに元気がなく、前の週の疲れが残っていたのかもしれません。それでも次世代代表としてチリッチも頑張りかなりの接戦となったのですが、最後に惜しくもブレークされ5-7で1セットを取られました。2セットもチリッチのチャンスはあったのですが、タイブレークまでもつれこみこれをナダルが取って決勝進出となりました。

次のデルポトロ・フェデラー戦はまさに力とうまさの戦いとなりました。デルポトロが本当に強いショットを連発して6-3で1セットを取りましたので、期待したのですが、フェデラーが積極的に攻めるようになり2セットは6-3でフェデラーとなりました。

このうまさと鋭さが加わったフェデラーは本当に強くファイナルセットも6-3でフェデラーとなりました。

結局決勝はナダル・フェデラーとここ10年以上続いた対戦となりましたが、全力でプレーしている感じのナダルに対して、ある意味余裕をもって返しているフェデラーが一枚上手で、6-3、6-4でフェデラーの優勝となりました。

世代交代を望んでいるのですが、もうしばらくビッグ4の時代は続くのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加