プロデューサーズ!

テレビやニュースの話題を、関西気質のウチがプロデューサー気取で華麗?にツッコミまくります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界バレー女子2006 日本vs中国

2006年11月16日 | バレーボール
やっぱ強えな
ランク1位
なだけあるな。

でも日本も
やられっぱなし
なんかじゃなかった。
拾って繋いで
粘りのバレー。

あと2、3点
その差が詰めれない。

これが今の日本と
世界との差。


結構粘れたんやけどなぁ・・。互角に戦えていた部分もあったんやが、あとほんの少しが詰めきれなかった。でも逆にいえば、その差を埋めれた時、もうどことやっても十分互角に戦えるってこっちゃね。
中国は日本にとって、最終日に戦う相手としては申し分ない相手だったんではないかと。
メダルとの距離を測る重要な試合になったと思う。
自分たちにまだ何が足りないのか?どこをもっと伸ばしていけばいいのか?とても勉強になったんではなかろうか?

とにかく今日はブロックポイントが1本しかきまらなかったのが痛い。ブロック自体は結構有効なのを出してはいたんやが、得点に結びつかなかった。
あとサーブレシーブも結構みだされた。キューバとかと比べれば、それほど厳しいサーブではなかったと思うんやが、なかなか上手くいってなかったかと。それでも第2セットあたりから徐々によくなってきてはいた。


今大会を一人一人を振りかえって見ると
高橋、とにかく何処から見ても隙がない選手に成長。世界からも一目をおかれる存在。あとはサーブの精度をあげていくくらいか。ほんと頼れるねーちゃんや。

竹下、すべてを司る存在。この人がいなきゃなにも始まらない。世界最小のセッターとして、身長というビハインドをものともせぬトスまわし。日本一なんじゃないかと思わせるレシーブ力。時折見せる、チームを勇気づける、はたまた試合の流れを変えるブロック。さらに日本を調子づかせて波にのせるサーブを打つなど、どこをとっても申し分ない。あらためてもうカンペキなセッターだなと。あとはどこまでメンバーのミスをフォローできるかってとこやろか。

小山、いい時と悪い時の波が激しい。今日は全試合を通して一番のできやったんではないかと。この大事な局面で調子を上げてくるとは素晴らしい。相手が強ければ強いほど燃えてくるタイプか。とにかく彼女の成長が、日本が強豪に勝つ突破口になるかと。好不調の波をなくしていけば、エースとしてその存在を示せるはず。

杉山、お馴染みスピード攻撃の名手。一時は控えに回されたりしたものの、その存在はやはり日本には不可欠みたいやね。ブロック決定率も高く頼れる存在に。

木村、とにかく器用な選手。アンダートスを打つのは一番巧かったんじゃないかと。隠れエースとしてしっかりとその存在を示している。あとはレシーブ面をもっと強化していけば世界に通じる選手として変貌を遂げるはず。

荒木、グラチャンで進化を遂げ、新たなエースとしての存在感を醸し出している。スパイクよしブロックよし。サーブもそこそこいい。あとはそれぞれの決定率をもう少しづつ引き伸ばしてくれれば、間違いなく世界からも一目を置かれる選手に仕上るはず。

菅山、当初からリベロとしては役不足だと散々叩かれたものの、ここにきてかなりの成長をとげたんではなかろうか。自分としては今大会で一番成長したんじゃないかなと。もちろんまだまだ世界に通じるリベロには程遠いかもしれないが、これから飛躍的に成長を遂げるであろう選手なんではないかと。

あとの控え選手は都合により省略。

世界バレー全体としては、一人一人が確実に成長し、チームの一員として自分の仕事をこなせるようになれたこと。そしてチームとしても強豪と互角に張り合えるようになれたこと。メダル取る日も近いんじゃないやろか。今度こそ、間違いなくあと一歩のとこまできているかと。
自分としてもかなり満足いく大会になってよかった。これからも応援し続けていこうと思う。

『バレーボール』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界バレー女子2006 日... | トップ | FIFAクラブワールドカップ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (スペードのA)
2006-11-17 02:44:11
けんぼーさん、こんにちは。
レギュラー選手の七人は、私も覚えました。竹下さんや高橋選手辺りが中軸で、他の選手もそれぞれ得意技もありいいチームだったと思います。
私は基本的にかおる姫を初めて見つけて、その流れで見ていたのですが、世界バレーは結構面白かったです。
つらつら (しでお)
2006-11-17 07:58:41
高橋みゆきは
例の小指
もちゃんと目線が
小指を見つめてる
つまり
ワンタッチは
ほんまもんの確信犯

荒木絵里香
ブロックは少なかったけど
おいらは菅山の成長より
後半はエリカのスパイクの伸び悩み
の方が気がかりだった
それを
オランダ・中国戦
で自信がもてたんじゃないかと

あっ
キリないんで
やりたきゃ自分とこでやります
こんばんは (けんぼー)
2006-11-17 21:39:04
みなさんコメントありがとうございます。
>スペードのAさん
ほんといいチームに仕上りましたよね。それぞれが各々の仕事をキッチリとこなせ、全体としても「らしさ」の光るチームに成長したかと。
自分も「姫」ファンなんですが、リベロという役回りには少々不満が・・。やっぱりスパイクかましてる姿が見たいですよね。
ま、そんな些細?な不満を差し引いても、すごく楽しめる大会だったかと思います。

>しでおさん
高橋選手はスーパーエースに育ちましたよね。あの独特の「上に向けて打つスパイク」が見ていて気持ちいいです。彼女にはブロックなんて関係ない。このまま突っ走ってもらいたいです。
荒木はグラチャンでの活躍が劇的だっただけに、もっともっとという気がしてしまいますよね。また決定率90オーバーくらいにまで戻してもらいたいところです。
とにかく着実に進化している日本の活躍がみれてほんとによかったです。大満足でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
世界バレー女子、日本は結局6位 (Backpackerかく語りき♪快晴じゃーなる♪)
世界バレー5位決定戦で、日本は世界ランク1位の中国と対戦。何で中国がこんな位置におるんだといぶかったけど、そういうことになった。 有終の美を飾りたかった日本だが、中国にセットカウント0対3のストレート負け。途中から見た感じだが、内容はほぼ完敗だった ...
「世界バレー 日中戦」 (楽屋)
まあ 順位は お好みの方は 各々のブログで 展開してるでしょうから そちらにおまかせで 第1セット ワンジョウとエリカの回 ワンジョウのブロックアウト エリカのブロックポイント (記録的にはカウントされてないらしいが 私の中ではBP) エリカの クイック2回 ...
5位ならず、中国にストレート負け… (車にまつわるエトセトラ・・・)
ロシアが16年ぶりに優勝 日本は中国に敗れ6位(共同通信) - goo ニュース 日本は中国に敗れ6位、ロシアが優勝…女子バレー(読売新聞) - goo ニュース さすがに中国は強かった。 オリンピック金メダリストは伊達じゃない…{/kaeru_shock1/} 今大会、調子が悪 ...
☆世界バレー日本女子6位!!!☆ (太陽)
バレーボール世界選手権の第15回女子大会は第11日の16日、大阪市中央体育館などで決勝と順位決定戦の計6試合を行った。決勝では、ロシアがブラジルをフルセットで降し、16年ぶり6回目優勝を果たした。3位決定戦ではセ
【女子バレー】世界バレー最終戦・中国に敗れて6位で閉幕★ (毎日が独り言)
バレーボール世界選手権(世界バレー)女子大会はいよいよ最終日を迎え、日本はアテネ五輪の金メダルチームであり、世界ランク1位の中国と対戦しました。日本は接戦に持ち込む場面も見られましたが、中国の強力な攻撃に圧倒され、0-3(19-25、22-25、22-25)で最終 ...