【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年05月16日(火)19:04 世界的にパソコン・ウイルスが大問題となっていますが?

2017-07-23 12:19:08 | ブログ

大変なことになっています。
情報を整理すると?
大体、ターゲットになったのは大きめの企業や団体です。
ウイルスの性質は、情報を暗号化し読み込めなくするタイプです。解読のキーの代金を要求します。
ウイルス自体は、結構前からあります。

今回、大問題化した理由を考えてみると?
Windows XP を使用していた企業や団体が主にターゲットになったようです。

その元になったのは、某アメリカの情報機関謹製のマルウエアのようです。某アメリカの情報機関が「のぞき見」するために開発したマルウエアが、某暴露組織に暴露されてしまい、それをもとにマルウエアを作った不逞の輩が、いるようです。

マイクロソフトが、たまらずWindows XP 用の修正ソフトを、リリースしました。異常に早急な対応でした。

そして、この攻撃には、ある国の何らかの組織の関与が疑われています。

このウイルスは、質が悪いです。
一旦パソコンに侵入したなら、次々と情報ファイルを暗号化します。その暗号技術は非常に優れていて、専門の業者が解読しようとしても、何年かかるか分からないと言う優れものです。だから、「身代金」を払って、暗号のカギを買うしか方法がありません。

今回、一斉に世界的に攻撃が成功したのは?
多分、Windows XP を使用しているパソコンが世界中に沢山、あったからだろうと思います。

Windows XP をまだ使用している大組織はあります。
某アメリカ海軍。こちらは、マイクロソフトに数十億円単位の費用を支払い、更新ソフトを購入しています。

修正ソフトが、急遽リリースされた分けが、分かりますね?元々、あったからです。

サポートの切れたOSを、平気で使っている個人や法人は結構あります。
「セキュリテイソフト」を入れとけば、大丈夫だよ。
この程度の認識です。
サポートの切れたOSは、ごく簡単に言うと?
「穴だらけの、ボロボロ状態です」
それが分からない人間は、世の中に沢山いたようです。

「某アメリカ海軍みたいに、莫大な費用を払ってサポートを受けるか?新しいサポート付きのOSに更新するか?」
どちらかにするべきでしたね?

サポートの切れたOSは、利用してはならないと言う非常に分かりやすい例でした。

多分、ウイルスとしては低レベルだと思います。
ウイルスのレベルが低くても、OSがボロボロであると、どうにもなりません。サポートの切れたOSを利用するのは、止めたほうがいいと思います。そのうち個人や中小・零細企業もターゲットにされると思います。

まず、大手を食い尽くし、その後中小・零細や個人をターゲットにするのは、お約束のパターンです。

※一応
対策は、ないこともありません。
外付けのメデイアに情報をバックアップします。
ここに非常に!大切なポイントがあります。
その「外付けのメデイア」は、パソコンから完全に隔離する必要があります。
つまり、バックアップするとき以外は、「外付けのメデイア」接続を遮断しておく必要があります。オンラインだと、それを伝って全部暗号化されます。オンライン上のストレージだって安全とは言い切れないのです。
ほんと!質が悪いでしょう??

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年05月14日(日)00:30 ... | トップ | 2017年05月17日(水)19:33 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事