【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年07月02日(日)07:23 最先端の義肢販売へ(アメリカ)+イギリス議会の「ファッション革命」

2017-07-29 23:39:43 | ブログ

①最先端の義肢「ルーク・アーム」販売へ 米国防総省開発
2017年07月01日 21:24 
http://www.afpbb.com/articles/-/3134166?cx_part=topstory

まあ、性能の良さに驚きます。
米国防総省だから、予算を確保し出来る事でしょう。

※一部引用>
「・・・最初にルーク・アームを受け取ることになるのは、腕を切断した退役軍人たちだ。イラクやアフガニスタンでの紛争で手足を失った米兵は1600人以上いる。」・・・「価格は10万ドル(約1100万円)前後になるだろうとの見方を示している。・・・」
<引用終わり

※義足については、陸上競技において、健常者に勝てるような義足が、すでに開発されています。しかし、販売価格については、「やっぱり?」の印象があります。普通の人や一般の貧困層が購入するのは不可能でしょう。

②英議会に「ファッション革命」 男性議員のノーネクタイ認める
2017年06月30日
http://www.afpbb.com/articles/-/3133976?cx_part=txt_topics

※日本では、小池百合子東京都知事が国会議員の時代に
「クールビズ」なる服装を提唱し、現在政権与党を中心に定着しています。
一部野党が夏に上着を着て、ネクタイを着用している服装を見ると?
ほんと!
バカだな!!と、思います。
(本来、野党が率先してやるべきことです)

(某イギリスの話)
動画:近衛兵が熱中症で倒れる、英女王91歳の祝賀行事のパレード中に
2017年06月18日
http://www.afpbb.com/articles/-/3132440
エリザベス女王のパレードで近衛兵が卒倒...やっぱり大変なのかと話題に...
https://matome.naver.jp/odai/2146571831931748801

昔は、イギリスの気候は、夏それほど気温が高くなかったのであろうと思います。夏の日中の気温が高くなると?
上記のようになりました。

南アジアに行けば、国際会議では夏は
「クールビズ」です。
ジャケットにネクタイ(イギリス)は、緯度の高い夏余り暖かくない地方の習慣(または礼儀)にすぎません。

※小池百合子の「クールビズ」の前は、日本もそうでした。特に役職の高い人は?
夏に長袖のシャツ着用とネクタイ着用が、義務化していました。
オフィスにおいては、これがどのような弊害をもたらすか?
「長袖のシャツ着用とネクタイ着用」の男性社員は?
「暑い!!空調の温度を下げろ!!!」
こうなります。
一方、女性は?
「寒すぎだ!!!」
健康を害するか、厚着で対抗することになります。

※バカではないのか?
このようなことが、オフィスでは日常の光景でした。
「それは、バカだから!半袖シャツ・ノーネクタイにしなさい!」→「クールビズ」

※ドイツ(西ドイツの時代)
気温が25度を超えると、小学校が臨時休校になったそうです。ドイツ人的感覚では、「気温25度を超えたなら?
小学生を気温25度を超える気象条件の中、登校させるのは?ダメです!」
こういう事だったみたいです。
今は、どうなんでしょうね?

※全部のバカの状況を客観的に見るなら?
「昔からこうなんだから!今もこうしなければならない!」
単に服装に関することです。
「暑きゃ、ぬぎゃいいだろ?」その常識は、なかなか世間では実行できない部分もあります。

☆小池百合子の「クールビズ」
男も女も感謝するべきでしょう。
「男」
(半そでシャツでいいの?ネクタイ無しでいいの!!→やったね!!→涼しい!!)
「女」
バカ男どもが、そうしたら?
オフィスの空調の温度が上がって!
私らの「冷房病」が、改善されるわ!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年06月30日(金)22:59 ... | トップ | 2017年07月02日(日)17:02 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事