【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2017年06月21日(水)18:36 スペインの人気闘牛士がお牛に角で刺されて死亡したそうです&お猫の話

2017-07-23 12:38:51 | ブログ

スペインの人気闘牛士、牛に角で刺されて死亡 フランス
2017年06月19日 11:27 
http://www.afpbb.com/articles/-/3132447

大体ですネ?
これは、動物虐待の世界最悪のものでしょう?
「クジラを食うのは、いかん!」
とか?
「御犬を食うのは、いかん!」
とか?

それで?お牛を闘牛で見世物にして殺すことの、どこに正義がありますか?

闘牛士のような職業の人間を、全部!死刑にすることにこそ世界的な正義があるでしょう。
インドに行って、闘牛をやったらどうなるか?
大勢の人々に捕まって、闘牛士はなぶり殺しでしょう!

②(本題)お猫の話
ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究
2017年06月20日 17:17
http://www.afpbb.com/articles/-/3132755?pid=0

リビアヤマネコ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3

多分、ずいぶん昔からお猫は人間の近くで住むようになったんでしょうね?
きっかけは、簡単に推測できます。
昔の人間が、農耕を始めて穀物を作るようになりました。
穀物は乾燥して保存して置くことが出来ます。
ここに穀物の最大の敵が現れます。
ネズミです。
冬場に食べる大切な食料がネズミに食い荒らされてしまう?
非常に!困ったでしょう!
そんな時、猫がやってきたのだと思います。
(猫の気持ち)
「やったね!自分らのご飯が沢山いるではないの!」
(昔の人間)
「猫が、ネズミを捕ってくれる!」

「なんて、ありがたいことなんだ?」
「お猫様様!」

世界の各地で農耕が発生した地域では、同時多発的にこのような現象が起きたと思います。
穀物倉庫の番人が、リビアヤマネコである必要も可能性もありません。必要に応じて、その土地の猫が穀物倉庫の番人になったのであろうと思います。
「リビアヤマネコ」が広く拡散したのは、航海と関係していると思います。当時のリビア地方の人々が広く交易を営んでいたのでしょう。船にだって食料の備蓄が必要です。船にはたくさんのネズミも住み着きます。船があれば、船ごとに猫も必要です。

猫ちゃんの中には?
陸にたどり着いたなら?船から脱走する猫ちゃんも多数いたと思います。猫が全て、船旅が好きだとは限らないと思います。猫ちゃんが脱走すると、どうなるか?
船の穀物倉庫の番人がいなくなるのですから?
代わりを補充するしかありません。
こうして古代のリビア地方の人々が船旅をするごとに、脱走したリビアヤマネコが、当時の世界各地に増えていったという話であろうと思います。

ただ、疑問は残ります。
リビアヤマネコ の模様は、「きじとら」と似ています。
しかし、家猫の仲間には?
白猫、黒猫、三毛、アカトラ、キジトラ、グレー
とか、色々な種類があります。

特に問題になるのは、「白猫」と「黒猫」です。
一体、どこに御先祖が居たんだ?

赤やグレーも「リビアヤマネコ」とは違います。
猫は、交配することに関しては特段、模様にはこだわらないみたいです。

だから、いろんな模様が出来てしまったのでしょうね?
あるいは、見ただけで混血と分かる猫もいます。

飼い猫の先祖は、「リビアヤマネコ」なのかもしれません。でも、行く先々で地元の野生の猫と交配しているうちに沢山の種類が、出来たのであろうと思います。

お猫の世界で面白いのは?
模様による差別は、ないみたいです。
人間みたいに、白だ黒だ黄色だ?
お猫の考え方に学ぶなら?
人種差別の悪さが、分かると思います。
一番簡単な解決方法。
全部、混ぜてしまえばいいんです。

※一方で?
お猫の方も、人間を騙す技術が発展し?
今では、人間はお猫に逆らえません。
どんどん、お猫に飼いならされる人間の姿があります。
御犬は、もっと気の毒ですよ。
主人たる人間が、猫に従っている?
御犬が、お猫に逆らえるはずもありません。
「らばQ」
これは切ない…猫にベッドを奪われてしまった哀れな犬たちの写真22枚
http://labaq.com/archives/51828248.html

どうしてこうなるのか?
御犬は、本当に優しいと思います。

※本当は?
猫は、犬用であれ猫用であれ、一番の心地のよさそうな場所を占領します。猫同士でも同じことが起きます。ほぼ、先取特権のようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年06月20日(火)19:27 ... | トップ | 2017年06月22日(木)19:53 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事