【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2016年12月18日(日)21:41 「職人気質」と「バイト気質」??

2016-12-31 15:02:54 | ブログ

今の若い年齢層と、私を含めた60歳以上くらいの仕事を見ると、こう思います。

私は、今年60歳になり当然、「職人気質」の仲間です。
どの年齢で分かれるのか、分かりませんが?
今の20代・30代の仕事は、「バイト気質」です。

「職人気質」と「バイト気質」??
何が?どう違うか?分かりますか??

(もっとも、これは私の個人的な分類ですが?)
「バイト気質」とは?
給料をもらう、最低水準まで仕事ができるようになると?それでOK!!と、考えてそこから進歩しません。
「これで、給料もらえるんだから?」
(何の文句が、あるものか!!!)


「職人気質」とは?
給料をもらえる最低水準の仕事ができるようになったとで?「もっといい仕事をしよう!」と努力して、自分の仕事の水準を少しでも向上させようと、何らかの努力をします。

給料が同じであろうと?
「バイト気質」は、一定の水準に達すると、そこから向上することは、ほとんどありません。

「職人気質」の人間は、自分の及ぶ範囲で努力を継続し向上していきます。

もっとも、給料を払う側(経営者)が、都合よく!
日本人の「職人気質」を、悪利用していた部分も多々あります。(日本人の職人気質を利用して、本来払うべき給料を節約している!)

だから?どっちがいいとも言えません。
単純に仕事をするという意味では?
向上心のあるほうが、自分自身にとって良いに決まっています。

今の世の中は?
アマチュアばかりです。
プロが、ほとんどいなくなりました。
安い給料で、アマチュアを雇って人件費を節約できるなら??プロは、必要ないでしょ!!

こうして、すべての分野において社会は劣化していきます。最終的に、それがその社会にとって、「お得なのか??」それとも「損失なのか??」

今、世界中で試験中です。
で?結論、いまその進行形を見ています。
どんどん、昔の古きよきものは、失われつつあります。
(個人的には、全てが失われる前に、考え方を改めたほうが、いいとは思いますが?)

☆ご存じない方も、おられるかもしれません。
古代の建造物などで、制作方法が不明なものがあります。
「どうやって?こんなの作ったんだ?」
あるいは?中世のケース。
余りに精巧過ぎて、今はもう作れない!
中世において、極みに達した職人文化は?
現在で再生するのは、不可能なケースもあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月17日(土)21:33 ... | トップ | 2016年12月18日(日)22:42 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む