【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年05月19日(金)19:11 暇つぶし(世間話) アメリカの(国家と言う意味での)政治を見て思う事?

2017-07-23 12:21:19 | ブログ

非常にうらやましい部分も、沢山あります。

ごく簡単に言うと?
行政(大統領府)と立法(議会)が、かなり権力と言う意味で分かれています。
議員も政党からの独立性があります。
次の選挙で再び、当選したければ?
有権者の方を向いていないと、落選してしまいます。
日本では?
党議拘束!逆らったら次の選挙で、公認を出さない!
これで縛りをかけます。
結果として、国会議員は所属政党に逆らえません。

地方自治でも、アメリカと日本では「大差!」があります。「ユーナイテッドステーツ オブ アメリカ」
州の連合体が、アメリカの国家行政です。
州政府の権力が、日本の県と比較するなら?
比較にならないほど、州政府の権力が強いです。

日本の県単位の地方行政の、国家に対する弱さ?
アメリカの州政府を見ると、信じられません。

現在のアメリカ大統領の法案など、議会ではめったに通らないと思います。
前任のオバマ大統領も、大統領令を乱発するので有名でした。
今回のアメリカ大統領は、最初から大統領令を乱発しています。
特に移民問題に関しては、まるでおかしいと思います。
どちらかと言うと、リベラル的な傾向のある州政府はそれにたいして、裁判所に違憲を理由として提訴しています。
ほぼ、大統領サイドの完敗状態です。

三権分立は、どうあるべきなのか?
アメリカ政治の混乱を見ると?
三権分立の基本構造があることが見て取れます。

やはり重要なのは、行政と立法の分離です。
そして司法の独立性ですね。
更に大切なのは、地方自治です。

社会は、システムです。
アメリカの社会を構成する基本システムは、優れていると思わざるを得ません。
政府の最高指導者が、間違えて選出されることもあると思います。その場合、その社会のシステムがどのような対応方法を事前に準備しているか?

日本にないものばかりです。
非常に、うらやましいと思いました。
行政と立法の分離など、簡単に日本でもできます。
総理大臣は所属政党を離脱し無所属となる。
大臣・副大臣・政務官は、国会議員以外の民間人から選択しなければならない。
これだけで、(国家)行政と立法の区分は、可能です。

昔は3000人と言われていました。
現在は、数が増えて4000人だそうです。
アメリカ大統領が交代すると、これだけの数の政府高官が「政治任用」と言う制度を経て、入れ替わります。

アメリカ式合理主義。
まだまだ見習うべき部分は、多いようです。

※トランプさん自身が、アメリカ大統領に就任するとは、思っていなかったと思います。
トランプさんが、多分考えていたこと?
「オバ◎」を、痛めつけてやる!
これだけだったと思います。

その証拠は?
勝った後、どうする?
余り考えていなかったみたいです。
「瓢箪から駒」みたいな話で、トランプ大統領は、アメリカ式ジョークだと思います。

一番、得したのは?
ロシア!
トランプ大統領が、どうであれ?
アメリカ国内が、ぐちゃぐちゃになり?
ロシアに不利益は、何もありません。
ロシアに対する圧力が弱まった分だけ、プーチン大統領が得をしたという、実に分かりやすい話です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年05月18日(木)19:31 ... | トップ | 2017年05月20日(土)18:59 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事