【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2017年07月16日(日)01:10 貧乏、暇なし

2017-07-29 23:51:38 | ブログ

月末の日曜日は休日がなくなります。
月末の日曜日に休むと、集金業務が進捗しません。
だから、休日出勤です。
月末は、2週間休日なしで働いています。
代休は、ありません。
この程度のブラック企業は日本には、普通にあると思います。しかも!時給1000円一本鎗!!
休日出勤手当とか時間外手当はありません。

それでも私が働いている理由。
私の年齢で働ける業種は、少ないです。
時給1000円でもっと楽な業種もあります。
休日も沢山あり、労基法も守ります。
問題もあります。
この業種で働くと、どんどん体力的にも知力と言う意味でも衰えます。

自分が体力でも知力でも衰えながら、楽な仕事をするのがいいのか?
ブラックであろうと、自分の体力や知力を衰えさせない仕事がいいのか?の選択です。

時給1000円なら、もっと楽な業種があるんですけど?
とは思いつつ、今の仕事をしています。

今の仕事をして、驚いたことがあります。
自分は、体力的にも知力の意味でもこんなに衰えていたのか?
非常にショックでした。これが58歳の時。

休日出勤当たり前ですから、今の仕事のほうが収入は多いです。但し、休日が減る分、体力的にはきついです。

最近、現場責任者が交代し要求は、さらにきつくなりました。
「もう、昔の仕事にもどろうか?」
こうも考えはします。
しかし、昔の仕事に戻れば体が衰え知力も衰えるのは、分かり切った話です。

他に、今の仕事のメリットもあります。
私に関しては、フレックスタイムが認めています。
過去3年の実績により、他のパートや社員にはないフレックスタイムがあります。
明日、私が1時間出勤を遅らせようと、概ね退社時刻より1~2時間余分に働こうと、それは私が仕事の状況により判断し、勝手に決めることが出来ます。
(現場責任者への報告は、必要ですが)
こんな働き方が許されているのは、社員・パート200名近くいる中で、私一人です。
職場が困難な状況にある中で、過去頑張った「ご褒美」です。

また?暇な業種に戻り楽をすることは出来ますが?
そうしたら、自分の体力と知力が衰えるのも分かっています。

「貧乏、暇なし」だけれど、今の職場で働いたほうが、自分への長期的なメリットは大きいだろうと、これも分かります。

考えてみると?働いている時間が、今のほうが少ないのですネ?
休日が少ない代わりに、「今日は、もうお仕舞!」と6時間労働くらいで帰る日も、結構あります。
11時出社でですよ、17時~18時で帰る日も、結構月の前半~中ごろにはあります。
給料は、そこそこもらえます。
多分、楽な職種の20%増しくらいは、もらってます。

久しぶりに祝日があり2連休。
5月以来です。
これだって、やり残した仕事は社員Aに頼みました。
(その代わり、社員Aのやりにくい仕事は、私がやるという、バーターです)

いままでより頼りになる社員Aが、5月から現場に来ました。それまでは、頼りにならないやつらばかりだったんです。

しかし、現場責任者(4月に交代)の要求は、少しきつくなりました。

私も悩んでいるんですネ?
楽な業種に転職するか?
今の会社で、多少の特権を生かして頑張るか?
連休は、とりあえず「うれしい」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年07月15日(土)23:44 ... | トップ | 2017年07月17日(月)03:07 A... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む