【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

核燃サイクル 映画で問う 金沢で29日から上映<中日新聞 CHUNICHI WEB>

2013-05-03 09:52:08 | 「核サイクル」と日本の核オプション

中日新聞 CHUNICHI WEB
トップ >http://www.chunichi.co.jp/

核燃サイクル 映画で問う 金沢で29日から上映
2013年4月27日
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20130427/CK2013042702000050.html
▼全文転載


「六ケ所村ラプソディー」 賛否両派 思い語る

 使用済み核燃料再処理工場がある青森県六ケ所村の人々を取材したドキュメンタリー映画「六ケ所村ラプソディー」が四月末から五月にかけて、金沢市 内で上映される。国は原発の再稼働を目指すが、核燃料サイクル事業はめどが立たないままだ。映画は原発との向き合い方を一人一人に問い掛ける。 

 映画は鎌仲ひとみ監督が二〇〇六年に制作した。農家や元漁師、クリーニング店主ら村民が登場し、再処理工場へのそれぞれの思いを語る。推進派も反対派も、再処理工場とともに生きることを余儀なくされている現実を映し出している。

 金沢市内での上映会は、環境問題を考えるイベント「アースデイいしかわ」の実行委員会が企画した。実行委員長の山下満義さん(26)は〇七年に初 めてこの映画を見たといい「衝撃的な内容で、日ごろ使っている電気に対し、あまりに無関心だったことに気付いた」と話す。会場を提供するライブ喫茶店主熊 野盛夫さん(43)も「ライフスタイルの根底に六ケ所村の問題がある。多くの人にこの事実を知ってほしい」と力を込める。

 上映は四月二十九、三十日、五月四日で、いずれも午後三時からと午後六時半から、金沢市下近江町のメロメロポッチで。ワンドリンク付きで千円。問い合わせは、メロメロポッチ=電076(234)5556=へ。

 映画の配給会社は「六ケ所村ラプソディー」の自主上映団体を募っている。ホームページは「六ラプagain」で検索できる。(小室亜希子)

 核燃料サイクル事業 原発から出た使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、それを再び高速増殖炉で使う政策。青森県六ケ所村の再処理 工場は技術的なトラブルなどから1997年の完成予定が現在も延期中。福井県敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」は95年のナトリウム漏れ事故後、ほとん ど停止している。各地の原発では使用済み核燃料を貯蔵する状態が続いており、再処理工場にある3000トン規模のプールは98%が埋まっている。

中日新聞 CHUNICHI WEB
トップ >http://www.chunichi.co.jp/

中日新聞ご購読のご案内
http://www.chunichi.co.jp/koudoku/

【東京新聞購読のご案内】
http://www.tokyo-np.co.jp/koudoku/



ブログ目次
☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数か月以内に福島沖で「アウ... | トップ | 首長「脱原発」 広がる 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「核サイクル」と日本の核オプション」カテゴリの最新記事