【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年05月30日(火)22:09 将棋や囲碁の世界で起きたこと

2017-07-23 12:26:46 | ブログ

チェスでは、随分前から人間がコンピュータに負けるようになりました。
当時は、将棋や囲碁では無理だろうと思いました。
今のコンピュータには、人工知能が搭載されています。

いつの間にか、将棋ではコンピュータが優位になりました。

今月だか先月の話。
囲碁の世界最強の中国の名人が、グーグルの人工知能と試合をしました。
3回対戦する予定だそうですが、2回は人工知能の勝利。
3回目は、どうなったか知りません。

難しいことは、全部「人工頭脳」がする時代は、すぐに来ると思います。特にお金儲けに近い領域では、すでに人工知能が利用されており、人間が考えてどうするのが、困難にありつつあります。
特に短期のトレードでは、人間は全く戦えなくなりつつあります。スピードが全然、違います。

じゃあ?人間は何をするんだろう?
非常に素朴な疑問があります。

低レベルの手作業に頼る仕事しか、なくなるんじゃないか?こんな気がします。

あるいは、グランドデザインを考えるような仕事。
これだって学習型の人工頭脳が、進化すればこれも無くなると思います。

ロボット技術が進化して、今は人間にしか出来ない手作業も、できるようになると思います。

そうしたら?
人間は何をして働いたらいいんだろう?
人工頭脳の上司や機械に指示されて、その他機械でやると費用が掛かり過ぎるような、仕事が人間に回ってくるかもしれません。

まだ今は、人工頭脳は一部でしか利用されていません。
始まったばかりです。でもこれから加速度的に利用が進むでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年05月28日(日)22:01 ... | トップ | 2017年05月31日(水)20:40 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事