【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年07月23日(日)11:22 He・・・関連記事 加工肉(ソーセージ、ハム、ベーコンなど)の食べ過ぎは健康に悪い?

2017-07-29 23:58:01 | ブログ

この話の元は、世界保健機関(WHO)2015年10月26日の報告です。
BBC
「加工肉に発がん性あるとWHO」
2015年10月27日
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-34645057
<一部引用>
専門機関・国際がん研究機関(IARC)の報告は、加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇するとしている。赤肉も「恐らく発がん性がある」が、限られた証拠しか得られていないという。

WHOは一方で、肉の摂取には健康上のメリットもあると認めている。

英国のがん研究機関「Cancer Research UK」はWHO報告について、赤肉や加工肉の摂取を一切止やめるのではなく量を減らせば十分で、ベーコン・サンドイッチをたまに食べるくらいはかまわないとしている。

加工肉とは?

加工肉は賞味期限を延ばしたり味を変えるために加工されたもので、加工の主な手段は燻製(くんせい)、塩漬け、塩や保存料の追加などだ。

牛肉をひき肉にするだけでは「加工」したことにはならない。

加工肉にはベーコン、ソーセージ、ホットドッグ、サラミ、コーンビーフ、ビーフジャーキー、ハム、肉の缶詰、肉ベースのソースなどが含まれる。

報告によると、発がん性のリスクがあるのは、肉の加工に使われる化学物質だ。バーベキューなど高温度による調理も、発がん性物質を作り出すことがある。

英国では100人に約6人が一度は大腸がんにかかる。全員が終生、1日50グラム分のベーコンを追加摂取し続けた場合、大腸がんにかかる確率は18%上昇し、つまり発症リスクが100人中7人に上がるという。
<引用終わり>

更に詳しい説明
健康ステーションと言うサイトの記事
「ハム・ソーセージ・ベーコンの発がん性は?添加物の亜硝酸Naは危険?」
http://kenbi-station.com/590.html
<一部引用>
「亜硝酸ナトリウム(Na)」
イクラ、たらこ、明太子などにも使用します。
亜硝酸Naは肉や魚類に含まれるアミンという
物質に反応してニトロソアミン類に変化します。
ニトロソアミン類の強い発がん性
そしてニトロソアミン類は今のところ
動物実験ではありますが強い発がん性が
認められています。

「タール色素の危険性」
●赤3(赤色3号)
●赤102(赤色102号)がよく使われていますが

その化学構造や動物実験から、
いずれも発がん性の疑いがあると言われています。

赤102は子どもにじん麻しんを起こすとして
皮膚科の間では注意が呼びかけられていて
<引用終わり>

何が問題なのか、分かりましたね?
加工肉に添加される「亜硝酸ナトリウム(Na)」が問題なのです。これが体内で「ニトロソアミン類」に変化して動物実験レベルでは、強い発がん性が認められたことが根拠になっています。
「タール色素の危険性」は、指摘はしますが今回は省略。

「イクラ、たらこ、明太子」にも使用されているのも気になります。

そして添加される理由は
<引用>
ハムやソーセージは酸化しやすく
そのままだとすぐに黒ずんでしまうので
・・・
あざやかなピンク色にして見た目を良くし
美味しそうに見せるためです。
・・・
それは加工肉を製造する際にボツリヌス菌の
発生を抑えるためです。
<引用終わり>

加工肉や日本で売られている「イクラ、たらこ、明太子」、あるいは「亜硝酸ナトリウム(Na)」を添加物として使用している食品は、食べないほうが、無難であることになります。

※日本人の場合は、加工肉以外の加工食品にも「亜硝酸ナトリウム(Na)」を添加物として使用しているケースは、探せばもっとあると思います。加工食品を食べる場合は、添加物表示あるものしか食べない。そして、添加物として「亜硝酸ナトリウム(Na)」使用しているものは、基本的に食べないようにする注意が必要です。
「イクラ、たらこ、明太子」など欧米では食べないでしょう。欧米以上に食べているかもしれません。

問題は、まだあります。
これとは別に、赤みの牛肉や豚肉にも問題があるとの最近の研究があります。これもまだ研究が始まって、そのような傾向がみられるという段階です。
これについては、また別の日記で書こうと思います。

※ご参考
「亜硝酸ナトリウム(Na)」を添加物として使用していない加工肉も売られています。全ての加工肉に「亜硝酸ナトリウム(Na)」が使われているわけではありません。但し、一般に大量販売されている価格の安いものには、全部使われていると思います。

※参考記事など
現役医師が警告、「ソーセージ」がもたらす早死にの恐怖
2017.06.20
http://www.mag2.com/p/news/253656

赤肉を食べることでがんになるメカニズムがようやく明らかに
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12203950450.html

IARC(国際がん研究機関)の加工肉及びレッドミートに関する発表について
2015年12月10日
http://www.shokusan.or.jp/index.php?mo=topics&ac=TopicsDetail&topics_id=778

加工肉に発がん性あるとWHO
2015年10月27日
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-34645057

ハム・ソーセージ・ベーコンの発がん性は?添加物の亜硝酸Naは危険?
http://kenbi-station.com/590.html

※新連載項目を追加しました。
理由は、健康などの言葉を入れると、どうもダメなようなんですネ?
「He・・・関連記事」
健康や食品に関する記事は、この項目で過去記事を探せるようにします。
私も出来るだけ多くの会員さんに読んで欲しいと思います。でも、サイトが(どうも?特定のキーワードの連載を)し難くします。
読みたい人は、読めばいいと思います。
健康や予防医学、食品に関することは、誰だって読みたいと思います。しかし、連載形式にすると妨害があります。機械がそれをしています。機械に引っかからない項目を考えました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年07月22日(土)23:53 ... | トップ | 2017年07月23日(日)23:11 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事