【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2017年05月20日(土)18:59 暇つぶし(世間話) 朝鮮半島問題について、やっとまともなコメントを聞きました

2017-07-23 12:22:00 | ブログ

北朝鮮攻撃すれば「信じられない悲劇に」 米国防長官
2017年5月20日
http://www.asahi.com/articles/ASK5N2HMWK5NUHBI006.html

過去には、クリントン元大統領の時代に北朝鮮への攻撃が検討されたことがあります。

その時の、(議会での証言だったかな?)被害想定。
アメリカ軍死亡者数、約5万人。
韓国軍の死亡者数、約50万人。
韓国の民間人の死亡者数、約100万人。
北朝鮮側にも似たような死亡者数があると、仮定すると?
死亡者数だけで、合計300万人以上。

これは、「死亡者数」の推計です。
こんなことに責任の持てる人は、誰もいないでしょう。
現在のアメリカ政府は、「火遊び」しているのと同じです。

一旦、38度線で火が吹き上がれば?
斬首作戦だのピンポイント爆撃だの、気楽なことを言っていますが?
やったら、確実に朝鮮半島は、「全面戦争」状態になると思います。そして、その結果が上記の「死亡者数の推計」です。

誰とは言わないが?
某アメリカの大統領は、無知な人間です。
流石に、国防長官はリスクを回避するために、URLのコメントを出しました。
そもそもペンタゴン自体が、上級幹部は国防長官以下1名しか任用されていません。幹部が、すかすか状態です。

だから、戦争はしません!(正確には、できません)
と国防長官が宣言したようなものです。

これまでは、某アメリカの大統領がミサイル発射命令を出す危険がありました。
「そうしたら?どうなるのか?」これを全然理解していないからです。

だから、穏やかな表現で日記を3本も書きました。
実際にやると、どうなるか?
アメリカの国防長官が、莫大な被害推計を言いました。
これは、すでに分かっていることで将来も同じです。

当然ですが?
北の将軍様に暗殺部隊を送り込んだり?
核やミサイル関連施設を爆撃したりすると、どうなるか?

38度線の北朝鮮側に展開する部隊が、砲撃やロケット弾攻撃を全面的に即時開始するに決まっています。
自動的に第二次朝鮮戦争が、起こります。

仮に、北の将軍様の暗殺に成功しても?
それで北朝鮮軍の指導者が、黙っていると思うのは間違いです。と言うより、命令は事前に出されていると思います。
「何々の事態が発生したなら?全面攻撃を開始せよ!」
だから、暗殺するにしても一人殺せば済む話ではないのです。北朝鮮軍の幹部も上から順番に30人(ものすごく大雑把な個人的な推測)は、同時に暗殺する必要があるでしょう。もっと多いかもしれません。

軍民合計して300万人以上の人間の命と引き換えに、朝鮮半島で軍事行動が出来るなら?
やったらいいと思います。

これが朝鮮半島問題の、本当のリスクです。
「ソウルを火の海にする」
北朝鮮のお決まりの脅し文句ですが?
実際に38度線から、ソウルまでの距離を考えてください。(大体、40km)
大砲やロケット弾の射程距離の範囲内にあります。
500門くらいのようですが、実際に長距離砲がソウルに照準を合わせています。加えてロケット弾が多数あります。1~2時間でソウルは「火の海」になるでしょう。

※それだけでは、ありません。
「死なば、もろとも!」
北京も東京も、(多分、核弾頭付きの)ミサイルが準備されていると思います。
東京と北京は、数多くはプレゼントできませんから?
「特別性のを!」お送りいたします!
最近の核爆弾。
知っていますか?
広島型原爆一発で、百万人都市が破壊できるそうです。

北朝鮮の核爆弾の出来は、どうであるか?
そんなもの見たくも経験したくもないでしょう?

朝鮮半島の戦争のフルコースの始めに、多分来ますから・・・
来てから反省しても、遅いのですよ?

※そう言えば?
そんなリスクの最中に?
日本に里帰りしていた人も?いたかも?
恐れを知らないと言うのか?無謀と言うのか?
私が国外にいたら、絶対に日本には来ません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年05月19日(金)19:11 ... | トップ | 2017年05月21日(日)02:05 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事