【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年06月02日(金)19:11 世界最大の飛行機?とは??

2017-07-23 12:29:40 | ブログ

ロケットを空中発射、世界最大の飛行機お披露目 MS創業者が支援
2017年06月01日 13:36 
http://www.afpbb.com/articles/-/3130415?cx_part=topstory

飛行機の画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/5/f/500x400/img_5fde5bdaedcdb0b01e45be504d7aa38c164809.jpg

確かに、でかい。
何しろロケットを空中から、発射することを目的に制作されている飛行機です。
でかいというより、大型の貨物機を2基連結させたような形状です。

URLから一部引用>
飛行しながら人工衛星搭載ロケットを空中発射できる巨大航空機が、米カリフォルニア(California)州のモハベ砂漠(Mojave Desert)でお披露目された。2019年にも発射実証試験を行う計画だという。開発元の米ストラトローンチ・システムズ
<引用終わり

地上から打ち上げるロケットを、空中から発射することに、どれだけの意味があるのか?
よく分かりません。

其れ専用に開発され制作されている飛行機ですので、他の用途には使用できません。
胴体部分が二つあり、その中間にロケットを吊り下げて離陸して飛行しなければなりません。

写真を見る限りでは、本当にロケットを吊り下げることが出来るのかな?と言う疑問はあります。二つの胴体を連結している部分が、それほど頑丈なのかな?
ここにロケットを吊り下げたら?
「ポキッ!」と折れてしまいそうな外観です。
もちろん素人が、無責任に感想を述べています。

しかし?
後方に、もう一つ連結部分を「念のため?」取り付けて欲しい気がします。

「素人が、訳も分からないくせに!余計なことを言うんじゃない!!」
見た目で素人が、勝手な感想を述べてはいけないことは、承知しています。

しかしなあ?
この飛行機は、中央に重いものをぶら下げたら?
やっぱり?
真ん中から、折れてしまうんじゃないか?
すごく心配です。

胴体部分をくっつけて、片翼3基のジェットエンジンであるなら、超大型爆撃機に変身すると思います。
アメリカのB-52は随分昔に作られ、まだ現役です。
超大型爆撃機です。
今回のは、胴体部分を一体化させデザインしなおして、片翼ジェットエンジン3基(両翼6基)のエンジンを搭載するなら、世界一の大型爆撃機を作れます。

もっとも?中央にぶら下げるのが「平和利用のロケット」である保証はありません。
「地上発射式の大型核ミサイルも?」
釣り下げられるでしょう。

※用途は、他にもありましたね?
地上発射用の大型核ミサイルの空中発射。
デザインを変更して、史上最大の超大型爆撃機に変更する。

もっとも、今のようにミサイル技術と地上攻撃機の能力や爆弾の性能向上すると?
果たして、超大型爆撃機の需要があるかは、疑問です。
お古のB-52にしても、核爆弾を搭載可能だという意味で、まだ現役なのだと思いますが。
でも、核爆弾を目標に運ぶのは、ずいぶん昔からミサイルです。

第二次世界大戦当時のように、敵国の都市や生産工場に爆弾の雨を降らせるというのは、今やりません。

技術が進歩した今、B-52は、ほぼ無用の長物でしょう。B-52が絨毯爆撃をする前に、戦争が終わっているケースが多いと思います。都市部や人口密集地に絨毯爆撃すれば、膨大な民間人が死傷するでしょう。戦争とはいえ、今こんなことが許されませんでしょう。
ほぼ、使い道がないのが、B-52です。

色々考えると?
今作っている大型機は、やはり最初の目的に使用するしかありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年06月02日(金)01:27 ... | トップ | 2017年06月03日(土)20:42 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事