【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2017年07月09日(日)19:58 中国「三峡ダム」の危機とは?

2017-07-29 23:46:06 | ブログ

中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する
2017年7月3日
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/---5.php

ダムも作る場所を間違えると、大きな自然破壊をもたらします。そもそもダム自体が、自然破壊そのものです。
ダムを造ると、その後のメンテナンスが大変です。
上流から流れてきた土砂が堆積します。放置するとダムの貯水用の場所がほとんど土砂で埋まってしまいます。
私の生まれ故郷の近くのダムもそうなっていました。
今更、ダムのある意味は全然ありません。
ダムの堰を壊して自然の水流に戻すべきでしょう。

中国「三峡ダム」の場合は、巨大なダムです。
しかも水流がもっとも激しいところに建設したので、土砂の貯まり方もすごいようです。

三峡ダム決壊。そのとき、中国は? 日本は?
投稿日: 2014年11月14日
http://www.huffingtonpost.jp/kenji-sekine/sankyo-dam_b_6149830.html
三峡ダム - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0

机上の計算では、何の問題も起きないとされたのでしょう。しかし、三峡ダムの建設に反対した著名な水利学者、清華大学の故・黄万里教授の警告した通りの危機が高まっています。

巨大なダムが、気象や地震その他災害の原因になっているとすれば、皮肉と言うしかありません。

※ちなみに、清華大学の故・黄万里教授の警告では、「ダムはせいぜい10年しかもたない。」とのことです。2009年竣工ですから、10年目は2019年。再来年です。


※インターネットの速度が、極端に遅くなって困りました。最後には、接続しているのにアクセスできなくなりました。

色々やってみても、全部だめ。
パソコンは、正常作動。
最後に、回線端末機器を一回電源を切って再起動。
これで、正常に戻りました。
光回線なら、ルーターなどの電源を時々切って再起動したほうがいいみたいです。
びっくりしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年07月06日(木)20:20 ... | トップ | 2017年07月09日(日)23:26 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む