【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年03月30日(木)19:21 「鳥頭」の意味を考えさせられる記事

2017-05-05 17:34:21 | ブログ

車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究
2017年03月30日 18:32 
http://www.afpbb.com/articles/-/3123318

カラスに比べると、ハトは少し足りないようです。
数か月前、ご近所の商店街と言うほどではないけれど、結構交通量の有る通り。そこを通って踏切を渡って自分の仕事のエリアに行きます。

その踏切の手前でですね?
対面の車が停まってる?
丁度、横断歩道がありました。
なぜか、おまわりさんもいました(普段、いません)。

横断歩道を見ると?
ハトが、よちよちと横断していました。
(人間は、その時全然いませんでした)

で?両側の車やバイクは、ハトが横断しきるまで待ちました。

みんなが、ハト(とおまわりさん)に気が付いて停車したから、ハトは無事でした。運が悪かったら、ハトは交通事故にあっています。

こないだのスキー場の雪崩事故を、思い出すわけですね?
アメリカの大統領などの例もあります。

最近の人間は?
脳みその量が、減少しているのではないのか?

年を取って減るんじゃなくて?
最初から、分量が減少しているのではないか??

世の中が便利になると、頭を使う頻度が減ります。
それに比例して、脳みそが退化しているのかもしれないという意味です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年03月29日(水)22:19 ... | トップ | 2017年03月30日(木)21:56 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事