【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年07月22日(土)23:53 He・・・関連記事 健康に関する記事を読むポイント

2017-07-29 23:57:12 | ブログ

500人の医師に聞く 健康のために「控えるべき」3つの悪習慣
2017/07/21
https://forbesjapan.com/articles/detail/16678

※ダメな記事の例です。
専門家用のサイトからの引用だとしています。
円グラフは、きれいに書かれています。
具体的な数字が、何一つとしてありません。
全部、印象を刷り込む方式です。
ほぼ、井戸端会議のレベルでもっと低レベルかもしれません。

<一部引用>
2. 健康な日本食にも落とし穴

こちらもテレビなどでもよくいわれている内容。今回の調査でも9割の医師が「控えたほうがいい」と回答しました(図2)。健康食とされる日本食も、塩分が高めなことが欠点です。塩分のとりすぎは生活習慣病と直結するため、注意が必要です。
<引用終わり>

※これで納得出来たら?
それは詐欺にあいやすい人です。
数字が何もないでしょう?
塩分と健康の相関関係も、全く説明していません。
「噂話を、適当に切り貼りして?」記事を書いています。

※他の記事も似たようなものでした。
具体的な話が、ほとんど出てこない。
部分的には、WHOなどが勧告を出しているような内容もあります。でも、それが引用されていない。

※このサイトに関しては、何が本当で何が嘘なのかさえ分かりません。根拠や数字を提示しない記事には、信頼性ゼロです。

※根拠として信頼性が高いのは?
「国際的な機関が、具体的に勧告しました。
あるいは?
(外国の)信頼性の高いメデイアが、記事にしました。
世界的に有名な学者や研究者が、ニュースソースです。」
などの例が考えられます。

※夏場ですから?熱中症が怖いです。
「減塩」
このイメージが、熱中症を増やしている可能性があります。
夏場、外で運動したり働いたりするとですね?
汗を大量にかきます。
特に発汗の多い部分は、塩でじゃりじゃりするほど塩分を体内から失います。

夏場に「減塩」などをしようものなら?
間違いなく、その人の体内は塩分不足になります。
塩分不足は、熱中症に「一直線!」です。
体内に塩分が不足すると?
水分も同時に失われます。
塩分不足の状態で水分補給しても、水分はどんどん体外に排出されます。
どうして?
前にも書きました。
人間の体内の塩分濃度は、自動的に調節されます。
体内の塩分が足りなければ、余計な水分は強制的に体外に排出されます。そうすると?
体内に水分がなくなり、汗がかけなくなります。
汗が体の表面温度を下げてくれます。
人間が生まれながらにして持つ、天然のクーラーです。
クーラーの機能が失われると?
体温は、どんどん上昇します。
限界を超えると、ぶっ倒れてやがては死亡します。

※汗をかいて塩分を失う分だけ、塩分を補充しなければ生死に関わります。
このケースでは、「減塩」などあり得ません。
塩を補給して水分補給しなければ、体温を(低くという意味で)保つことが出来ないのです。

※元々、減塩の発想はアメリカで生まれました。
心臓病や脳梗塞の予防として、減塩が効果的でななかろうか?と考えられて、推奨されました。

ところが?大した効果が見られない?
最近になり、そもそも減塩が健康に効果があるのかどうかが、アメリカとイギリスで長期間、多数の人を対象に追跡調査が行われました。
これは、あくまで調査であり結論が出たわけではありません。塩分摂取量とその人の健康度合いについての相関関係が調査の対象です。

健康な人の塩分摂取量。
アメリカのケースでは
1日、7.5グラム~15グラムくらい
イギリスのケースでは
1日、7.5グラム~17.5グラムくらい
上は、誤差がありますが下は、7.5グラムと一致しています。
アメリカでは、7.5グラムより少ない7グラム未満の数字を推奨していました。

URLは、私の過去の日記のどれかに書いてあります。
日本人は、2015年の統計で1日10グラムくらいの塩分を摂取していました。多すぎず少なすぎず、ほぼ理想的と言えるでしょう。ただし、これは1年を全部合わせた数字であり、夏場はもっと多くあるべきでしょう。

1日7.5グラムを下回ると、健康に害のある可能性があります。夏場は、塩分が汗として多く体外に排出されます。当然、夏場は汗をかいた分だけ塩分を多く摂取する必要があります。

熱中症の救急搬送が増えた理由は、高齢化だけの問題ではないと思います。
そもそも必要な塩分の摂取が不足しているから、熱中症の救急搬送が増えているのでは?と疑う次第です。

その原因が、誤っているかもしれない健康知識の「減塩」であったとするなら?
ものすごい「皮肉」でしょう?

夏場に汗をかいて、体内の塩分が不足すると?
最後は、体温が上昇しすぎて死にます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年07月21日(金)21:58 ... | トップ | 2017年07月23日(日)11:22 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事