【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

クリスマス・プレゼントにも様々あって?? 2016年12月20日(火)21:40

2016-12-31 15:06:53 | ブログ

ドイツとトルコで、「とびっきり!」のがありました。
お悔やみ申し上げるしかありません。

来年は、もっとすごいのが出てくると思います。
今、ドローンが大流行です。
これは、上空から撮影したり荷物を運んだりできます。

私が、思いつくくらいですから?
頭の良いテロリストは、もう計画を立てているでしょう。

ドローンに搭載できるだけの、高性能火薬を積んで?
遠隔操作の起爆装置を、取り付けて?
目的地上空で??
「ドッカ~~~ン!!!」

これは、現実に犯人殺害のためにアメリカの警察が実行しました。

※ドローンが運んでいるのが、アマゾンの荷物なのか?
テロリストの爆弾なのか??
どうやって区別するのか、教えて欲しいです!
(マークを付ければ、いいだろ!これはダメです。爆弾を運ぶのは、アマゾンのマークを付けるに決まってますから??)


あるいは、環境テロ。
アメリカやオーストラリア。あるいは乾季に雨量の少ないところでは、山火事が発生し消火に時間のかかるケースが多いです。
(元々、アメリカのケースでは、人間の火の不始末が原因と考えられるケースが多いそうです。)

このような条件下で同時多発的に人工的な山火事を発生させると?かなり大規模な環境破壊になるでしょう。

人間の知恵は、進化します。
「即時に殺すのも?環境を破壊して、じわじわ殺すのも?殺すことに、変わりないだろう??」
テロリストが、このような考えを持つに至ったら??

余りにも知識や技術が進歩しすぎて、使う側の人間がそれをコントロールできなくなりつつあります。

ごく単純な原子爆弾。
ネットを探せば、多分作り方は分かると思います。
入手しにくいのは、濃縮ウランとプルトニウム。
これが手に入ると、30年以上前の技術でドッジボール大くらいの大きさの原子爆弾が作れます。
製造に必要な技術は、町工場のレベルです。
(※多分、今はもっと小型化できるでしょう)

これと、ドローンを組合わせると?
恐ろしいですネ?
(ドローンがなくても、恐ろしすぎます)

☆明日は、冬至
今どき、男どもをゆず湯に入れたり?
かぼちゃを、食べさせたりする女房様は?
どれだけいるのでしょうネ??

銭湯に行くと?
菖蒲湯が、あり。ゆず湯もあります。



トルコでロシア大使が射殺される 「アレッポを忘れるな」と犯人叫ぶ
投稿日: 2016年12月20日
http://www.huffingtonpost.jp/2016/12/19/russian-ambassador-to-turkey-killed-in-ankara_n_13726022.html?utm_hp_ref=japan
ドイツのトラック突入、12人死亡 警察は計画的犯行との見方
2016年 12月 20日
http://jp.reuters.com/article/germany-truck-toll-idJPKBN1482AE

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年12月19日(月)00:25 ... | トップ | 2016年12月22日(木)21:52 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事