【北の山じろう 日記】60代の爺様の寝言かもしれません

『取り残された福島県民が伝えたいこと』管理者「取り残された福島県民」☆他人のブログタイトル
これを残すことが約束です。

2017年04月10日(月)23:06 国際情勢 朝鮮半島情勢ーその3

2017-05-05 17:46:54 | ブログ

心底、やばい!と思うから「その3」まで書いています。
新聞やテレビは、朝鮮半島の動乱の可能性を警告してくれますか?(具体的には?6月を過ぎるまで韓国旅行はしないほうがいいと思います。)

危険度を安全の方から、レベル1~レベル5と判定すると?レベル3~4の間だと思います。
(北朝鮮が次の核実験を行えば、一気にレベル5にアップします。→あくまで私の個人的な見解です。)

シリアへのアメリカのミサイル攻撃がありました。
現在、期間2か月の米韓軍事演習が4月末まで行われています。毎年のことであり、問題はないと普通は思うでしょう?
ところが?演習に参加して帰国の途に就くはずだった空母打撃群が、予定を変更して朝鮮半島海域に向かいつつあります。おまけもありますよ?
アメリカ本土方面から、ミサイル巡洋艦グループも合流する予定だそうです。

今、アメリカも韓国もほぼ最大兵力を軍事演習に参加させています。
「演習→戦闘開始」
命令が出されるだけで、戦闘開始です。
戦闘開始の場合は、当然空母打撃群が必要です。
それだけでは、ミサイルの数が足りないかもしれません。
だから第三艦隊から、ミサイル巡洋艦グループが朝鮮半島海域に向かっています。
これらを合計すると、600発の巡航ミサイルその他が発射可能だそうです。(実際には、もっと多いでしょう。)

条件は、いくつかあると思います。
①中国が、北朝鮮の6回目の核実験を阻止できるかどうか。
②中国が主導して、アメリカも納得できる北朝鮮の宮廷革命(首謀者の首のすげ替え)を行えるかどうか?
③韓国の大統領選挙が、アメリカの納得できるようになるかどうか?

私が推測できるのは、これくらいです。
③に関しては、やや(日本として)期待の持てる流れが出てきました。つまり?親北朝鮮・親中国の大統領優勢の流れが見えたら、アメリカはやると思います。

③がクリアされたなら、①と②次第です。

どうして?そう考えるか?
現在のアメリカ政府の状況を、日本のマスコミは正しく国民に報じているのか?
アメリカ政府は、ほぼ機能不全状態です。
唯一機能しているのが、ペンタゴンです。

現在、「アメリカ外交=ペンタゴン」です。
アメリカ国内の政治空白は、官僚が何とかできます。
事実、何とかなっています。

「アメリカ国外=アメリカの外国」については、空白は許されません。
それが、シリア政府側の毒ガス攻撃を許したようなものです。はっきり言って、トランプ大統領はシリアに関しては深入りする気はないと思います。
「やるときは、やるぞ!」姿勢を示して後は、CIAやペンタゴンに「丸投げする」でしょう。

北朝鮮は違います。
シリアには、核ミサイルはありません。
だから、アメリカにとっては「他人事」です。
もっと言うなら?武器輸出が増えて、うはうはでしょう!

北朝鮮の核ミサイルは、アメリカ本土に届くまで「あと少し!」の段階まで進化しました。

そして、トランプ大統領には「ロシア疑惑」があります。
アメリカ国内の支持率は、40%を下回っています。
アメリカ国民の支持は低く、ペンタゴンが支えている状態です。
ほとんど「軍国アメリカ」と言ってもいいでしょう。
(分かりやすく言うなら、ロシア疑惑を晴らすために?軍国アメリカを示現するしかありません。必然的に対外軍事行動が求められます。怖くないですか?)

次のアメリカの軍事行動のネタは、北朝鮮の核実験です。
北の将軍様は、非常にエキサイテイングな人柄みたいです。多分、やるでしょう(6回目の核実験)。
やったら?どうなるか?

「朝鮮半島情勢」とは、このような意味です。
もし、アメリカが軍事行動を起こし、北朝鮮のミサイルを全部破壊するのに失敗すれば?
当然、在日米軍基地にも日本の大都市にも(核弾頭付きの)ミサイルが飛んでくると思います。それを迎撃するのは、ほぼ不可能です。

ソウルは、当然ながら「火の海!」でしょう。

※アメリカ外交の基本
ナンバー2を叩き、蹴落とす。
旧ソ連・昔の経済力の有った日本
今のナンバー2、どこですか?

※警告は、十分しました。
もう、このシリーズの日記は書きません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年04月10日(月)19:43 ... | トップ | 2017年04月13日(木)00:57 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブログ」カテゴリの最新記事